安心・安全なコミュニケーション

NTTソフトウェアは各種ソリューションの提供を通して世の中の情報セキュリティ確保に貢献していきます。

企業のIT統制対策ソリューション「iDoperation」の提供

昨今の情報漏えいは、特権の不正使用によるインシデントも多く、システム運用における不正事案も、責任者・技術に精通した者が引き起こすなど、継続的に発生しており、社会的にも早急な対策が求められています。

内部統制、J-SOX監査、FISC安全対策基準、PCI DSSなどのガイドラインや監査指摘事例からも、「特権IDの利用が正当な目的で承認を得ておこなわれ」かつ「その利用状況の点検・監査が可能な管理」が特権IDの管理として求められています。

NTTソフトウェアでは、特権IDの厳格な管理を実現する4つの「特権ID管理プロセス」という考え方に基づいたソリューション「iDoperation」を提供し、企業における情報資産の保全、法令等の遵守、特権ID管理の効率化への取り組みに貢献しています。

iDoperationイメージ

 

Webサイト向け総合セキュリティ対策ソリューション
TrustShelter」の提供

近年、Webサイトの改ざんやウイルスの埋め込みなど、Webサイトに対する攻撃が増加しており、2014年上半期で2000件を超すWebサイト改ざんの被害届けが提出されています。また、改ざんだけでなく、顧客情報漏えい、他社サイト攻撃への利用、閲覧者へのウイルス感染など、より深刻な被害を引き起こすケースもあり、企業の信用失墜や・Webサイト利用の不安につながる恐れがあります。

Webサイトを攻撃から守るためには、監視・防御・診断・運用など様々な視点からの対策が必要であり、IT担当者は複数視点・複数製品を検討するなど負担が増加します。さらに、最近のサイバー攻撃は技術的に複雑化・巧妙化が進み、常にIT担当者がセキュリティスキルの向上に努めるなどの負担が増大しています。

NTTソフトウェアでは、近年増加しているWebサイトへのサイバー攻撃を防ぐための総合セキュリティソリューション「TrustShelter」を提供し、安心・安全なコミュニケーションで社会に貢献しています。

TrustShelterイメージ

 

その他セキュリティ・ソリューションの提供

スマートフォンやタブレットの普及により、ビジネス現場でのコミュニケーションはよりスピーディーにやりとりされるようになっています。一方、企業内はもちろん、お客さまや取引先企業との情報交換が増えるほど、情報漏えいのリスクも高まります。NTTソフトウェアでは、安心・安全なコミュニケーションを実現するためにさまざまなソリューションをご提供しています。

  • お客さまの氏名、電話番号やメールアドレスをスマートフォンで持ち歩くことは、紛失や盗難による情報漏えいリスクを抱えています。「ProgOffice」は、これらの個人情報をサーバ側で管理することで、スマートフォンをシンクライアント化するネットワーク電話帳としてご利用いただけます。

  • 宛先や添付ファイルを間違えることによるメール誤送信は、日常的なビジネスシーンで発生する可能性が高く、漏えい内容によっては取引先にも深刻な影響を与えます。
    CipherCraft/Mail」は、システムによる危険度判定や自動暗号化、ポップアップで利用者に気づかせるなどの工夫で、安心・安全なメール送信環境を実現します。

  • 手軽にコミュニケーションできる無料メッセージアプリが浸透した一方、送り先間違え等による情報漏えいのニュースも多く聞かれます。「TopicRoom」は、ビジネス利用を前提に、チームメンバ間でやりとりする場(ルーム)を活用して、セキュアでスピーディーなグループチャット環境を提供します。