NTTソフトウェアでは、2016年7月15日(金)にTKPガーデンシティ仙台、7月22日(金)に大阪銀行協会にて開催される
日本金融通信社主催の「金融ITセミナー FITフォーラム」にて弊社社員が講演いたします。

正常な通信を装って個人のPCに攻撃を仕掛けてくるなど、年々巧妙化しているサイバー攻撃に対しては単一の対策(線)ではなく、
多層防御(面)での対策が必要不可欠です。

「有効な多層防御とは何か」を本セッションでは事例を交えてご説明いたします。

金融ITセミナー FITフォーラム「サイバーセキュリティセミナー」(仙台・大阪)
名称 金融ITセミナー FITフォーラム「サイバーセキュリティセミナー」(仙台・大阪)
日時

■仙台会場 2016年7月15日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)
■大阪会場 2016年7月22日(金)10:00~16:30(9:30受付開始)

開催地

■仙台会場 TKPガーデンシティ仙台 (仙台市青葉区中央1-3-1)

       仙台駅西口 徒歩2分
       地下鉄南北線「広瀬通」 徒歩5分
       JR仙石線「あおば通」 徒歩5分

地図




■大阪会場 一般社団法人大阪銀行協会 (大阪市中央区谷町3-3-5)

       地下鉄谷町線・中央線 谷町四丁目駅下車 6番出口上

地図

主催

日本金融通信社(ニッキン)

対象

金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方

定員 仙台会場 30名(先着順) / 大阪会場 50名(先着順)
参加費 無料/事前登録制
お申し込み方法

FITフォーラム公式サイトよりお申込みください(外部サイトにリンクしています)。

お申し込み

プログラム

金融ITセミナー FITフォーラム「サイバーセキュリティセミナー」(仙台・大阪)
■仙台会場 11:10~12:10
■大阪会場 15:30~16:30

事例からみる多層防御の有効性!
 ~特権ID管理、DDoS攻撃、脆弱性対処の視点から

 
金融システムの安定を脅かすサイバーセキュリティ事案が後を絶ちません。高度化する攻撃に対し、金融機関は実効性のある態勢を早急に整備し、単一の対策(線)ではなく、多層防御(面)での対策が必要不可欠です。
当社がご支援した金融機関での事例を元に、「特権ID管理(内部対策)」、「DDoS攻撃対策」、「脆弱性対処」の3つの視点から、多層防御による対策とその実効性、また被害拡大の防止策をご紹介します。

 
NTTソフトウェア株式会社
エンタープライズ事業部 金融システムカンパニー チーフアナリスト
北島 一義

※イベント名:「FITフォーラム」を明記の上、お問い合わせください