IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が年々厳しさを増しています。
また、マイナンバーやPCI DSSなど各種ガイドラインへの適応、特権ユーザによる内部情報漏えいへの対策など、セキュリティの観点でも特権ID管理が求められています。

しかし、監査で指摘を受けたり、課題を感じているものの、具体的にどのような解決策を講じれば良いか分からないという企業も多くいらっしゃいます。

本セミナーでは、実際の監査事例をもとに、どのような考え方で、どのような特権ID管理の対策を行なえば良いかを詳しく説明します。

終了後は、なんでも相談会も用意しています。
普段なかなか聞けない他社での対策事例や、導入にあたっての具体的な確認事項など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

【 福岡開催 】事例から学ぶ特権ID管理セミナー 『 今、IT統制で求められる特権ID管理の考え方と実践方法 』
名称 【 福岡開催 】事例から学ぶ特権ID管理セミナー 『 今、IT統制で求められる特権ID管理の考え方と実践方法 』
日時

2016年8月3日(水)
15:30~17:15 (受付開始 15:20~)

開催地

博多バスターミナル9F 第16ホール
福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1

地図

交通アクセス

JR博多駅(博多口)から徒歩1分
天神からバスで12分、地下鉄で8分

主催

NTTソフトウェア株式会社

対象

・内部統制・監査に対して、対策を考えているユーザー企業様
・自社のセキュリティ対策に関して課題を持っているユーザー企業様
マイナンバーやPCI DSSなど各種ガイドライン対応を検討しているユーザ企業様
・今年度、特権ID管理のツールをご提案予定のSIer様

定員 10名
参加費 無料(事前登録制)
お申し込み方法

NTTソフトウェアサイトのイベントページにて、お申込みください。以下の申し込みページは、NTTソフトウェアのセミナー申込サイト(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)にリンクします (MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

お申し込みはこちら

・お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
・お申し込み後のキャンセルや参加者のご変更等は下記お問い合わせ先までご連絡ください。
・同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

お申し込み

プログラム

【 福岡開催 】事例から学ぶ特権ID管理セミナー 『 今、IT統制で求められる特権ID管理の考え方と実践方法 』
15:30-16:15

「特権ID管理ツールを選定・導入するために知っておきたい10のポイント」

J-SOX・マイナンバーなどの法令対応や、PCI DSSなどの各種基準に対応するために必要となる特権ID管理の考え方や、特権ID管理ツールの選定のポイントについて詳しく解説します。

本セッションを聞けば、 どのような考え方で、どのような特権ID管理の対策を行なえばよいか、 今求められる統制を効率的に行うには、どのような対策を行えばよいか、 失敗しない製品選定のポイント・勘所、について詳しく理解できます。
16:15-16:45

「iDoperationの導入で運用がどう変わるのか?導入効果とその事例」

よくある監査指摘をもとに、どのような対策をし、どのような効果が得られたかについて、導入事例から学べます。
16:45-17:15

何でも相談会

※内容は変更になる場合もございます。 あらかじめご了承ください。

※セミナー名 『 今、IT統制で求められる特権ID管理の考え方と実践方法 』を明記の上、お問い合わせください