NTTソフトウェアは、IPv4アドレス枯渇問題およびIPv6の普及に対するソリューションの提供に努めてまいります。

IPV6への取組みについて

弊社では、法人のお客さま、個人のお客さま向け各種サービスのIPv6対応を鋭意検討中です。内容につきましては、今後随時公表させていただきます。

また、NTTソフトウェアホームページ(www.ntts.co.jp)においても、IPv6からの接続対応を積極的に進めています。
今後、ntts.co.jp のサブドメインを順次IPv6接続に対応していく予定です。 対応の完了したドメインは、本ページにてお知らせして参ります。

弊社のIPv6に対する取組み例

  • USAGI Project(※)への参加
    弊社は、USAGI Projectに2000年より参加し、Linux IPv6プロトコルスタックの開発に貢献してきました。
  • IPv6普及・高度化推進協議会への参加
    弊社は、2005年度よりIPv6普及・高度化推進協議会に参加しております。
  • その他、NTTグループ内での IPv6 対応案件

    ※ USAGI ProjectはLinux上にIPv6、IPsecおよびMobile IPv6といった高度なネットワーク技術に関する参照コードを開発し、無償にて配布した研究開発プロジェクトです。

弊社のIPv6対応ソリューション

IPv6接続確認済みホスト

www.ntts.co.jp

注1) 弊社ホームページ内の一部のコンテンツでは、ntts.co.jpとは異なるドメインに接続して、表示を行うものがあります。そのため、弊社ホームページ内でも、IPv6から接続すると、内容が表示されない場合がありますので、何卒ご了承ください。