統合IDソリューション

idoperation CSLGuard×ActCenter

概要

「統合ID管理ソリューション」は、複数の業務システムのユーザIDを管理するID管理システム「ACTCenter(アクトセンター)」とアクセス制御、シングルサインオン(SSO)認証システム「CSLGuard(コンソールガード)」を組み合わせたものです。

煩雑になりがちな業務システムのID管理を効率的かつ確実に実現します。

必要なソフトウェアのみの導入も可能ですが、この2製品を組み合わせて利用いただくことで、より効率的に管理を行えます。
手作業で行っていたID管理業務を自動化でき、ID管理にかかる時間・手間・コストを大幅に削減できます。

統合ID管理ソリューション

特長

お客様の業務に合ったシステム提供
統合ID管理といっても、お客様の状況によって手段や方法が大きく異なります。システム化の際は、お客様の現状や将来的な管理方法を見据えて検討することが必要です。
NTTソフトウェアは、過去の豊富な構築ノウハウを元にお客様に最適なID管理方法をご提供いたします。

セキュリティポリシーや将来的な法規制に対応
内部統制、監査対応、関連規制への対応など過去の豊富な構築ノウハウを元に、お客様の課題発見を重視したシステム導入を行います。

機能および特長

ID管理

複数業務システムのユーザIDを一元管理し、セキュリティポリシーの統一と運用コストを削減します。長期間使用されていないIDを素早く検知し、不正利用のリスクとなるポイントへの素早い対処が可能です。

複数システムのID情報を一元管理
異なるシステムやアプリケーションのID情報も一元的に管理が可能。運用を効率化できます。

セキュリティポリシーの統一化
IDに紐づくパスワードポリシー・グループポリシーを容易に統一。ポリシーに基づくID関連でユーザの権限管理も簡単に行えます。

人事システムと連携が可能
人事システムと連携してCSVを利用したユーザーIDの一括登録ができ、運用を柔軟に設計できます。

ID一覧を可視化
ID管理

アクセス管理

シングルサインオンでユーザの利便性を向上させ、さらにアクセス制御も強化します。

シングルサインオンで簡単アクセス
ユーザは一度IDとパスワードを入力するだけで、許可された社内システムやアプリケーションを利用可能。
利便性が向上したアクセス管理を実現します。

システムに合せた2種類のアクセス方式
Web系/クライアントサーバ系の2種類のシングルサインオンを用意。システムの運用に合わせて柔軟に選べます。
・リバースプロキシ方式
・クライアント方式

アクセス管理

パスワードリマインダー

パスワードリマインダーで管理者の手をわずらわせることなく、ユーザ自らパスワードを再確認します。

便利なパスワードリマインダー
事前に設定した質問に答えるだけで、ユーザ自らパスワードを確認することができます。

パスワード変更を自動で促してセキュリティを確保
設定された有効期限を過ぎたパスワードはユーザに変更を促します。
常にセキュリティを高く保った状態でシステム運用されます。
パスワードリマインダー

ログ管理

各操作にあたって、誰がいつどのIDでどこにアクセスしたのか、そのログが取得できます。

監査証跡の自動取得
システムのアクセス履歴やID管理に係る操作履歴は自動的に取得。
監査用にCSV形式で出力することも可能です。

ID一覧を可視化
管理しているIDを可視化し、管理台帳と実IDの差分を検知。
消去が漏れたゴーストIDも簡単な操作で発見、その場で削除できます。
ログ管理

特権ID管理との違い

社内システムのID管理だけではなく、サーバメンテナンスなどで利用する特権IDの管理も可能です。
OSやデータベースに格納されているID情報を一括管理します。 詳細はこちら

ソリューション・製品一覧へ