機能

インシデント管理から始める! ITILを導入したいお客様

インシデント管理

従来のインシデント管理では、関係者へ電話やメールで連絡を取り合い、正確性や迅速性に欠けるところがありました。しかし、統合監視システムのメッセージや、電子化された問い合わせをインシデントとして起票し、ワークフロー上で一元管理することにより、関係者に迅速で正確な情報伝達が可能になります。



インシデント管理

インシデントの識別からクローズまでの一覧の流れを管理

インシデント管理

  • 帳票の電子化・業務のワークフロー化
  • 監視メッセージ・電話・メール取り込み
  • サービスの迅速復旧



問題管理

インシデントを問題として識別・認識し、問題の検出からクローズまでの一覧の流れを管理

問題管理

  • インシデントの関連付け
  • 恒久対策による再発防止



ナレッジ管理

ナレッジ管理



サービス資産・構成管理

サービス資産・構成



変更管理

  • 変更の厳格な記録
  • 変更によるリスク・影響管理



リリース・展開管理

  • リリースの計画と手順を見える化



サービスレベル管理

  • システム運用の計画と実績を評価



サービス測定/報告

  • 測定したい項目をグラフィカルに表示



電話・メールによる問い合わせを一元管理したいお客様

問い合わせ管理

電話問い合わせやメール問い合わせなどを素早く登録し、一元管理することが出来ます。
また、自動的にメールやWeb問い合わせを登録することができ、インシデントへの自動起票も可能です。

問い合わせ管理

  • 電話問い合わせを素早く登録できます
  • メール・Web問い合わせを自動登録できます
  • 問い合わせをインシデントやナレッジに登録できます



特権ID管理を自社のフローで適正に実施したいお客様

作業ID貸出

作業ID貸出

  • 既存の社内手続きに合わせて、柔軟な承認ルートの設定が可能です
  • 弊社ID管理製品(CSLGuardACTCenter)と連携し、申請からID貸出まで一貫して処理します

CSLGuardACTCenterと連携し、特権IDをワークフローで管理します。
本機能にて作業ID貸し出しワークフローを実行すると、ACTCenterからIDが払い出されます。

  • Point 1 Web画面を利用したID利用申請
    紙では煩雑になるID利用申請を、Webで一括管理。
    申請書の起案から作業終了報告までを一貫して管理し確認ができます。
    さらに、ログ情報も管理されるため、遡っての確認も可能です。

  • Point 2 適正な承認に基づくIDの利用
    適正な申請~承認に基づくサーバの利用だけを許可することで、不正なサーバ利用を予防します。
    作業者は許可された利用期間・サーバのみ、アクセスすることができます。
    また、利用者が利用報告をあげることで、一連のサーバ利用プロセスを完了できるため、申請から作業完了までのプロセス管理が可能です。

  • Point 3 申請フローの柔軟な設計
    企業やシステムの特性に合わせて、申請フローを柔軟に設計できます。
    業務フローの設定は、実績No1のintra-martワークフローを利用し、詳細な設定も容易に行えます。
    作成された申請フローにもとづいてワークフローが動作します。

ソリューション・製品一覧へ