資金管理に驚愕の業務効率を「BankingGate for eBAgent」
eBAgent接続システム「BankingGate for eBAgent」

eBAgent接続システム
資金管理統合ソリューション

財務・経理部門での資金管理業務を、使いやすく、ストレスフリーに

「BankingGate for eBAgent」とは?

「BankingGate for eBAgent」は、リアルタイム資金管理を実現するマルチバンク対応ASP「eBAgent」と接続し、資金集中配分、各種照会、振込/振替などのサービスを、安全かつストレスフリーなインターフェースで企業に提供するゲートウェイシステムです。

BankingGate for eBAgentによる資金管理の自動化実現図

BankingGate for eBAgentの4つの導入メリット

  • ポイントその1 資金管理・口座管理の効率化 資金集中配分、入出金・残高照会、総合振込等の資金管理業務を自動実行設定(=タスク登録) することにより、手動による作業や作業要員の削減が実現できます。
    タスク登録の設定パターンは定期、月次、都度から選択可能です。
  • ポイントその2 企業様システムとの連携 CMSや会計システム等との連携が可能です。
    本製品は、企業の社内ネットワークと常時接続することが可能なため、本製品と基幹システムを連携することでデータ操作・作業量の削減ができます。
  • ポイントその3 マルチバンク対応による資金集約 複数の金融機関を利用している場合や、複数の拠点で資金を管理している場合、本部に資金を集約し、一括管理することができます。
    マルチバンク対応のため、手数料の削減も期待できます。
  • ポイントその4 セキュリティリスクの低減 ユーザアクセスコントロール機能や暗号化、ブラウザ操作履歴取得により、システムを安全に利用することができます。

BankingGate for eBAgentの豊富な機能

  • ● マルチバンクアクセス
  • ● 金融機関アクセスの集中化
  • ● システム間連携
  • ● タスク管理支援
  • ● ユーザアクセスコントロール

マルチバンクアクセス

eBAgentが対応している多数の金融機関を接続先として利用できます。マルチバンク対応により、さまざまな金融機関の口座管理が可能になるだけでなく、振込手数料の削減に寄与します。金融機関への業務依頼は、大量の取引データを高速一括で処理できるため、業務時間の短縮が図れます。

金融機関アクセスの集中化

従来は、企業の各支店で個別に契約していたバンキングサービスを、本社が取りまとめて本製品に集約できるため、コスト削減が期待できます。

システム間連携

企業様システムとの連携方式は、完全自動化により人手による作業を徹底排除できる「システム連携」と、簡易な操作画面で作業可能な「ブラウザ連携」があり、お客様のニーズに合わせて選択できます。
ブラウザ連携は、見やすい親切な操作画面を提供し、操作性を高めました。

タスク管理支援

資金管理業務を自動実行する「タスク登録」を、使いやすく、効率的に利用するための支援機能を提供します。登録済みタスクスケジュールの編集・詳細確認が可能です。また、登録済みタスクの処理結果を流用して再登録することもでき、業務の実行管理の見える化を実現します。

タスク管理支援イメージ

ユーザアクセスコントロール

ユーザ管理機能(認証)を提供します。ユーザに対して口座グループを設定し、ユーザが操作・閲覧可能な情報を制限します。制限により不正操作のリスクを低減できます。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求はこちら

※「eBAgent」及び「ANSER」は株式会社NTTデータの登録商標です。

ソリューション・製品一覧へ