CallPassport

CallPassport/VPN

VPNモデル

NTTソフウェアのVPNパッケージが企業の大切な情報を守ります。
社外から社内システムへのリモートアクセスを許容することにより、業務形態の変化への迅速な対応、生産性向上、コスト削減など多くのメリットをもたらします。しかし、その利便性の反面、ID/パスワード盗用された場合の、「なりすまし」のリスクも潜んでいます。

安全なVPN環境の構築
多要素認証システムCallPassportとVPNアプライアンスJuniper-SAを連携させたCallPassport/VPNは、簡単で強固なセキュリティのリモートアクセスを実現し、企業の大切な情報を守ります。

ID・パスワードを盗まれても、電話番号認証を行わないとアクセスできません

導入メリット

強固なセキュリティ

ID/パスワード認証に、電話番号認証を追加。盗用の危険性が低い電話機を認証に採用することにより、「なりすまし」の危険性を低減できます。

簡易な導入

クライアントソフトや専用の機器の配布は不要、ブラウザと電話さえあれば、簡単にVPN接続が可能です。

接続場所の特定

場所が特定可能な電話番号(自宅の電話番号等)を認証に利用することにより、接続可能な環境を限定させることができます。

利用シーン

業務に合わせたセキュアな在宅勤務を実現

自宅の固定電話番号のみをVPN接続、社外利用が可能なアプリケーションを限定するなど、企業ポリシーや業務に合わせた設定が可能です。

営業担当など外出が多いワーカー向けのVPN接続を実現

パソコンからだけではなく、携帯電話やスマートフォンからも簡単に社内へVPN接続が可能です。

データセンタのセキュアなリモートメンテナンスを実現

データセンタの外部接続用入り口は、セキュリティホールにつながる恐れがあります。『CallPassport/VPN』を導入することで、第三者の不正アクセスを防ぎます。

利用イメージ

ご利用イメージ step1
ご利用イメージ step2
ご利用イメージ step3

システム構成

システム構成

基本セットの内容

  • VPN装置:同時接続数10~25まで
  • VoIP-GW:同時接続2chまで
  • CallPassportサーバ:1,000ユーザまで登録可能
  • 上記以外のご要望につきましては別途相談させていただきます。

ソリューション・製品一覧へ