CipherCraft/Mail 7 人間工学の考えを取り入れ大幅にバージョンアップ


CipherCraft/Mail
CipherCraft/Mail 7
CipherCraft/Mail

CipherCraft/Mailは、利用者に宛先の再チェックを行わせてメール誤送信を防止するとともに、添付ファイルのパスワード化を自動で行うソフトウェアです。

最近、経営者でニーズが高まっている、送信者とは別の人間がメールの内容を確認しないと送信できない第三者承認(上長承認/上司承認)や、後から誰がどのようなメールを送信したか確認できるメール証跡管理(監査対応)としても活用することができます。

クラウドサービスのメール、グループウェアのメール、Webメール、Office365のメールなどにも対応!

メールからの情報漏えい、こんなお悩みはありませんか?

  • 課題その1 メール誤送信

    社員がメールの宛先(TOとBCC間違え等)や添付ファイルを間違え、情報漏えい事故を引き起こしてしまった。
    関係先への謝罪に駆け回ったり、損害賠償の対応など思った以上に負担が大きい。セキュリティ上の不安がある。
  • 課題その2 添付ファイルのパスワード設定が面倒

    社員には、見積書や重要情報などをメールに添付する際は、パスワードをかけてから送信するルールを定めている。
    しかし、それが面倒だと思われ、ルールが守られない。
  • 課題その3 不正なメール送信

    個人情報や重要情報を不正にメールで送るという事件のニュースを最近よく聞く。
    自分の会社ははたして大丈夫だろうか。
    万が一の際、追跡できるだろうか。
    心配になる。

そんな悩みをまとめて解決する メール誤送信防止・暗号化のCipherCraft/Mail

個人情報の流出やメール誤送信などの事故が増えています。こうした事故は企業にとって致命的なダメージに直結することも多く、対策が急務です。

また、見積書や重要情報などをメールに添付する際は、パスワードをつけて暗号化することが情報漏えい防止のためにも当たり前になっています。しかし、一連の作業が面倒と感じ、そのルールが守られていないという話もよく聞きます。

また、外部の委託者や、個人情報や重要情報を扱う担当者が、何の制御もなくメールを簡単に送れてしまうことに不安を感じている企業も多いです。

CipherCraft/Mailは、送信前の再チェックにより、安全かつ簡単に利用者にメール誤送信を防止させるソフトウェアですまた、個人情報や重要情報を取り扱う担当者のメールに関しては、宛先に第三者(上司など)を自動的にCCやBCCに追加するなど、情報漏えいを防止するためにも活用されています。

使わないと心配、使っているから安心。

メール誤送信を防ぐことで、企業の情報漏えいの不安を解消するソフトウェアです。

CipherCraft/Mailなら解決できます。

  • 解決その1 宛先や添付ファイルの間違い確認、危険性を判定してチェックを促す 利用者は送信時に表示される確認画面から、宛先や本文のチェック、添付ファイルを開いて確認を行うことで誤りがないか自ら再確認します。再確認により、宛先の間違い、添付ファイルの誤りを発見した場合、メールを破棄できるため、メール誤送信による重要情報の漏えいを防ぎます。さらに、個人情報や重要情報を扱う担当者のメールは、第三者(上司/上長など)が承認をしなければメールを送ることができないという、二重でのメール誤送信の防止策を行うことができます。
  • 解決その2 面倒な添付ファイルのパスワード暗号化を自動で設定 CipherCraft/Mailなら、利用者がファイルをメールに添付して送信する際に、自動的に添付したファイルのパスワード化を実現します。パスワードはランダムな文字列、自由設定の選択が可能です。パスワード通知メールの自動送信も可能です。セキュリティを強固に保つのであれば、パスワード通知は自動ではなく、あらためてメール送信または電話などで相手に通知することもできます。
  • 解決その3 簡易アーカイブでメールを追跡 CipherCraft/Mailサーバ版では、添付ファイルのあるメールや特定キーワードのあるメールに自動的に上司や管理者をBCC追加する機能もあります。また、CipherCraft/Mailサーバ経由のメールは一定期間サーバに保存されます。万が一、不正なメールが送信された際に追跡できるとともに、社員の不正・不要なメール送信を抑止する効果もあります。
  • 〈さらにポイント〉添付ファイル内検索オプションも用意。個人情報の件数や特定キーワードの有無をチェックし、危険なメールを見逃さずチェックできます。


お問合わせはこちら お問合わせはこちら

メール誤送信防止・暗号化の導入事例

製造業

「責任を持ったメール送信確認を実現」

顧客との情報のやり取りやメールの送信の多い部署に導入しています。利用者自身が責任をもって確認をしたことを宣言できるチェック体制を設けたいと、CipherCraft/Mailを導入しました。「添付ファイルがある」時にしっかり確認を促す運用を実施しており、メール誤送信による情報流出を防いでいます。

情報通信系グループ企業
情報システム業

「メール誤送信の事故対策での導入」

メール誤送信事故を機にクライアントタイプを導入しています。すぐに導入し対策できること、親会社のメールサーバに影響がないことが導入の決め手になりました。数千人規模でありながら、管理者側で一斉に設定変更できる点も運用の助けになっています。

製造業系グループ企業
製造業

「必要な時だけ確認画面の表示でメール誤送信防止」

メールセキュリティ対策で導入しています。自社にサーバを設置せずに利用ができる点が導入の後押しになりました。さらに、メール誤送信防止の確認画面のポップアップ表示を、フィルタリングルールにより必要な時だけに設定することで、有効活用しています。

某自治体
導入事例

お客様からいただいた声

・メール誤送信をする寸前だったけれど、CipherCraft/Mailのおかげで救われたという声を聞いています。(金融機関)

・メール誤送信をした、という話を聞かなくなりました。(エネルギー系)

・メール誤送信や情報漏えいなどのトラブルが発生した場合のリスクを考えると費用対効果が良い製品だと思います。(サービス)

・製品機能に満足しています。社内展開を広げていきたいです。

・添付ファイルの暗号化の負担が軽減。楽になりました。

マイナンバー対応

メールや添付ファイル内にマイナンバーを含む重要な情報の有無を検知、送信前の再確認や第三者確認を自動で行い、個人情報漏えいを防ぎます。
マイナンバーガイドライン:<安全管理措置>技術的安全管理措置 情報漏えい等の防止

資料のダウンロード

こちらから資料をダウンロードできます。

■CipherCraft/Mail パンフレット メール誤送信防止・暗号化ソフトウェア『CipherCraft/
Mail』の機能や導入イメージなどをご紹介した製品パンフレット
製品パンフレット ダウンロード

※「CipherCraft」はNTTソフトウェア株式会社の登録商標です。
※その他会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

※(1) ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【内部漏洩防止型ソリューション編】2016年9月発刊

製品についてのお問い合わせ

お問合わせはこちら お問合わせはこちら

ソリューション・製品一覧へ