CipherCraft/Mail メール誤送信防止ソフトウェア:おかげさまで導入実績800社突破!

特長

SaaS型メールサービスでの誤送信防止対策

SaaS/ASP 型でメールアウトソーシングを提供する企業様向けに、CipherCraft/Mailの豊富なメール誤送信防止機能をマルチテナント管理にてご利用いただけるようになりました。
それに伴い、管理・運用は簡単なまま、より顧客ニーズに合ったメールサービスを提供することが可能です。

「CipherCraft/Mailサーバタイプ」との連携イメージ

マルチテナント管理が可能

1台のCipherCraft/Mailで、複数企業もしくは複数組織毎に定める運用ポリシーを扱う事ができ、企業毎に異なるセキュリティポリシーを設定できます。

< マルチテナント管理イメージ >

マルチテナント管理イメージ

各企業(テナント)の管理者は、Webブラウザより各自の権限範囲内でメール誤送信防止の運用ポリシーを設定できます。

< 運用ポリシー設定画面 >
運用ポリシー設定画面

さまざまな誤送信防止機能を搭載

< 誤送信防止画面 >

誤送信防止画面

CipherCraft/Mail はメールの誤送信防止の豊富な機能を搭載しています。
詳細はこちらまで。

  • メール誤送信防止機能
  • メール暗号化機能
  • 一時保留機能
  • 宛先Bcc強制自動追加機能
  • 上長承認機能

価格

月額課金の料金体系を用意しています。
詳細は弊社お問い合わせ窓口までお尋ね下さい。

動作環境

■サーバ本体

OS Red Hat Enterprise Linux 5/6
(x86/x86-64両対応)
ハードディスク(最小) 2GB 以上の空き容量がある
対応メールソフト

Microsoft Office Outlook/Exchange,Lotus Notes/Domino
AL-Mail, Becky!, Edmax, Eudora, Opera, OutlookExpress,
Shuriken Pro, Thunderbird, Winbiff, Windows Mail, 電信八号

※原則メーラーには依存しません。上記メーラーは、標準設定にて動作確認済みのものです。 一部のメーラでは設定変更が必要となる場合があります。

通信 TCP/IP接続(IPv4/IPv6対応)
メール送信:SMTP/SMTPS
サーバ/Windowsエージェント間通信:HTTP/HTTPS、UDP


■ユーザクライアント  

OS Windows Vista(SP2)
Windows 7(SP1)
Windows 8
Windows 8.1
※32bit/64bit両対応
ハードディスク(最小) 20MB 以上の空き容量がある
通信 TCP/IP接続(IPv4対応)
サーバ/Windowsエージェント間通信:HTTP/HTTPS、UDP

 
メール確認にWeb ブラウザを使用する場合

OS Windows XP(SP3 以降)
Windows Vista(SP2 以降)
Windows 7
※32bit/64bit両対応
Webブラウザ Mozilla Firefox 7.X
Internet Explorer 7.X
Internet Explorer 8.X
Internet Explorer 9.X

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ