電子カルテ情報活用での情報漏えい対策

キャンペーン特別価格

電子カルテのデータを独自に加工する必要が発生した場合、多くの場合、USBメモリを使ってデータを受け渡ししています。しかし、USBメモリの利用にはリスクがあります!
リスク USBメモリの紛失 データの情報漏えい
手間 USBメモリの所在管理 利用者の特定・記録


Crossway/データブリッジについて


あんしん/あんぜんの3要素


本製品の特長


キャンペーン特別価格