データブリッジ利用シーン Crossway/データブリッジ データ受け渡しツール データブリッジ

利用シーン1 官公庁・自治体

キーワード 情報漏えい、不正持ち出し防止

自治体では、マイナンバー等の情報連携に活用される個人番号利用事務系ネットワークやLGWAN環境と、インターネットへの接続環境を、セキュリティ対策としてネットワーク分離する必要があります。

業務上、ネットワークが分離された環境でも、データを受け渡しを行う必要があります。
実際は、USBメモリやCD/DVDなどでやり取りをしている場合が多くなりますが、USBメモリ等可搬記録媒体を利用した場合、情報漏えいや紛失・盗難のリスクが生じます。

データブリッジなら、決められた人が決められた時間だけ、データを受け渡すことができます。また、端末同士が機器に接続しているあいだ以外、受け渡しができないため、データの不正持ち出し等情報漏えいのリスクを軽減させることができます。

課題
  • USBメモリでは、紛失・盗難のリスク
  • 用途外のでデータ持ち出しリスク
自治体でのデータ受け渡しイメージ
解決
  • 利用を制限(接続時のみデータの受け渡しができる)
  • 不正利用を防止(利用者、端末などを制限)
  • 不正抑止(利用記録を自動保存)

利用シーン2 金融機関

キーワード機密情報のやり取り

厳重なセキュリティが求められる金融機関では業務ごとに、ネットワークが分離されています。
異なるネットワーク間で取引情報など機密データを受け渡す際には、厳重なセキュリティ管理が必要となります。

データブリッジなら、情報が機器に残らないうえ、利用時間の制限もできるのえ、安全かつ便利にデータをやりとりできます。

金融機関での活用例

利用シーン3 コールセンター

キーワード顧客データの取り扱い

コールセンターでは顧客情報を扱っていますが、業務上、USBメモリや紙媒体などでデータを展開する必要もあります。
しかし、顧客データは重要な個人情報でもあるので、可搬媒体で持ち出すのは大きなリスクがあります。

データブリッジなら、データを外部に持ち出すことができないので、個人情報の流出リスクを限りなく軽減させることができます。

コールセンターでの活用例

利用シーン4 医療機関

キーワード画像等医療データの受け渡し

医療機関では、個人にかかわる絶対に漏えいしてはならない機密情報を取り扱っています。
カルテや画像データなどを、専用の端末から、統計などの整理用途でデータを他の端末に移す必要があります。

データブリッジなら、セキュリティが高いまま画像などのデータを別の端末に受け渡すことができます。

お問合わせはこちら ネットワーク分離環境でのデータ受け渡し方法
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ