プロビジョニング対応ビジネス向けソフトフォン「iCrossway」for iPhone タイトル画像

機種ごとの制約事項 (iOS)

iCrosswayを利用するにあたっての制約事項および固有設定について、以下に記載します。

お知らせ

電話帳からの発信について
電話帳からの発信による不具合を改善しました。
アプリケーションの更新を行い、Ver 3.3.3 をご利用ください。
Apple Watchの設定について
Apple Watchで本アプリを使用する場合は以下の設定を行ってください。
※この設定を行わないと、着信音は鳴動しません。
1.Apple Watch アプリを起動
2.通知 -> iCrossway -> OFF(デフォルトはON)

iPhone 5s、5c、6、6 Plus (docomo)

OSバージョン制約事項
全て

SIPアカウントの設定は変更せずに使用してください。
 アカウントの詳細設定 >携帯の間隔 を 40 に設定。


iPhone 4s、5、5s、5c、6、6 Plus (Softbank、au)

OSバージョン制約事項
全て

【推奨】
SIPアカウントの設定を変更して下さい。
 アカウントの詳細設定 >携帯の間隔 を 240 に設定。


iPhone 4s、5、5s、5c、6、6 Plus (全てのキャリア)

OSバージョン制約事項

全て

    • iCrosswayの3G割り込みには対応していません。
      iCrossway通話中に3G着信応答すると、iCrossway通話は強制的に保留されます。
      また、データ通信断やネットワークが不安定の際、iCrosswayの通話が切断・無音になる場合があります。

7.0.2
7.0.3
7.0.4
7.0.6
7.1
7.1.1
7.1.2
8.1.1
8.1.2
8.1.3
8.2
8.3
8.4

【必須】
マイク設定を「有効」にしてください。

  • マイクへのアクセスを有効に設定する方法

    iOS 7で初めて通話を行う際に「“iCrossway”がマイクへのアクセスを求めています」と表示されるので、「OK」をタップしてください。

    ※ここで「OK」をタップしなかった場合はマイク設定が無効となりますが、以下の手順で後からでも変更可能です。

  • マイクへのアクセスを無効から有効に変更する方法

    iOSの「設定」⇒「プライバシー」⇒「マイク」⇒「iCrossway」を
    有効に設定してください。

7.1
7.1.1
7.1.2

着信音ONにしている際、端末がスリープ時に着信をとると、通話中バックグラウンドで着信音が小さく鳴ってしまいます。
しかし、バックグラウンドで鳴動している間に、端末の音量ハードウェアキーを押下することで事象回避が可能となります。その後、通話切断した後も、バックグラウンドで鳴っていた着信音が端末のスピーカーから出ることはありません。


iPhone 4s(Softbank、au)

OSバージョン制約事項

5.1.1

iCrossway 3.0.6より、iOS5.1.1はサポート対象外となるため、バージョンアップできません。
iCrossway iOS最新版をご利用の際はiOS6.0.1以上にして頂くようお願いいたします。

※「iCrossway」は、NTTソフトウェア株式会社の登録商標です。

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ