「Crossway」NGNゲートウェイ装置

音声通信(オフィスリンク接続)

オフィス内電話網とFOMA携帯電話間の内線通話を実現

オフィスリンクは、NTTドコモが2009年9月より提供を開始したサービスで、お客さまのPBXをドコモ網に接続し全国のFOMA(R)エリアで、FOMAとオフィスの内線電話機との間で内線番号を利用した内線通話(定額)ができるサービスです。

Crosswayを使用して、会社内の既存PBX をオフィスリンクに接続させる(*1)だけで、既設電話網とFOMA 携帯電話間の内線通話を行えるサービスを追加することができます。
*1:PBX側の設定変更が入ることがあります。


オフィスリンクを使用することで、以下のようなメリットがあります。
お客さまPBXをドコモIP電話網に接続し、内線グループ内のFOMAとお客さまPBXの配下の内線電話機との間で内線番号ダイヤルによる通話定額を実現したものです。以下の3つで内線番号による定額通話が可能です。


(1)FOMA ⇔ FOMA

(2)FOMA ⇔ オフィスの内線電話機

(3)(拠点を跨る)オフィスの内線電話機間

図1.オフィスリンク接続例

< 図1.オフィスリンク接続例(基本) >

オフィスリンクは、FOMAとオフィスの内線電話機間に加えて、拠点間通話の定額内線電話を統合したネットワークを構築することができます。 図2.オフィスリンク接続例(拠点間接続)

< 図2.オフィスリンク接続例(拠点間接続) >

オフィスリンク接続時の製品仕様

オフィスリンク対応機能仕様

項番項目名概要
1 インタフェース 外線:フレッツ 光ネクスト
内線:SIP、PRI
最大同時接続数 1~80 同時通話
対応 PBX PRI 搭載の一般的な PBX
IP-PBX(対応予定)

※「オフィスリンク」、「FOMA/フォーマ」及び「オフィスリンク」ロゴはNTTドコモの商標または登録商標です。
※「フレッツ 光ネクスト」、「ひかり電話」及び「ひかり電話ナンバーゲート」は、NTT東日本、NTT西日本の商標、登録商標もしくは出願中の商標です。

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ