CTBASE
CTBASE/Core:CTIミドルウェア

簡単、柔軟、スピーディにコンタクトセンターを構築
高機能なコンタクトセンターシステムを短期間で構築できるCTIミドルウェアです。
CTI技術を軸として、コンタクトセンターを構成する様々な機器、アプリケーションを連携し、セキュア・高信頼なコンタクトセンターシステムをお客さまにご提供します。

コンタクトセンターシステム

特長

1999年の発売開始以来、通信、金融、流通、サービスなどの様々な業界で、6000席以上の豊富な実績があり、ご好評をいただいております。

コンタクトセンターシステムを短期間に開発可能

PBX固有のシーケンスやTSAPIの詳細情報を吸収しているため、高度なCTI制御ノウハウが不要です。
ActiveXコントロール(CTBASE/CoreX)およびJavaクラスライブラリ(CTBASE/CoreJ)を提供しているため、
VisualBasicやMicrosoftAccessなどに組み込んだり、Webアプリケーションと連携することにより容易にコンタクトセンターシステムを開発することができます。

利用頻度の高い機能を低価格で提供

「不要な機能が多いのに加え価格が高い」などのCTIミドルウェアに対するお客さまの不満を解消するため、電話制御機能(発信、保留、転送など)を基本とし、ACD(Automatic Call Distribution)グループの情報を取得する機能やオペレータの稼動状態(着信待ち、後処理中、休憩中)を取得する機能など、コンタクトセンターにおいて利用頻度の高いテレフォニー機能に絞り込み、低価格化を実現しています。

CRM/SFAアプリケーションとの連携

ActiveXコントロール、Javaクラスライブラリで提供されているCTBASE/Coreを利用することによりCTBASE/AgentProSMART、FastHelp5やSalesForce CRMをはじめとする市販のCRM/SFAツールやコンタクトセンターアプリケーションとAvaya社製PBXを組み合わせたコンタクトセンターシステムを容易に開発することが可能です。

機能

エージェント制御機能

内容CTBASE/CoreXCTBASE/CoreJ
オペレータ業務の開始、終了
(Login/Logout)
電話対応後の顧客情報入力などによる業務中断、中断解除
(After Call Work/Ready)
休憩時間などによる業務中断、中断解除
(Not Ready/Ready)
離席要求時の離席ステータス設定
エージェントの状態取得
転送先ACDグループリスト、エージェントリストの取得
ACDグループの状態取得
(Loginエージェント数、Availableエージェント数、Queuing呼数)

電話制御機能

内容CTBASE/CoreXCTBASE/CoreJ
電話発信/切断
着信通知
通話の保留/保留解除
通話の転送/転送解除
会議通話
通話モニタ

セキュアコンタクトセンタ機能

内容CTBASE/CoreXCTBASE/CoreJ
シンクライアント対応
個人情報保護機能

リライアビリティ機能

内容CTBASE/CoreXCTBASE/CoreJ
CTBASEサーバ二重化対応

スーパーバイザー機能

内容CTBASE/CoreXCTBASE/CoreJ
スーパーバイザーログイン機能

システム構成

CTBASE/CoreXパッケージ範囲

動作環境

対応PBX

S8700、S8500、S8300(Avaya社)

CTBASE/Coreサーバ

ハードウェア

機種 Windows Server 2003 R2(x86)または
Windows Server 2008 R2 または
Windows Server 2012 R2 が動作する機器
CPU Xeonプロセッサ3.0GHz以上
メモリ 4Gbyte以上

ソフトウェア

OS Windows Server 2003 R2(x86)
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012 R2
テレフォニー
インターフェース
TSAPI Client 5.2、6.1、6.3、7.0

クライアント

ハードウェア

機種 Windows 7(x86)/(x64)
Windows 8(x86)/(x64)
Windows 8.1(x86)/(x64)が動作する機器
CPU 1GHz以上の32bitプロセッサまたは64bitプロセッサ
メモリ 1Gbyte以上
Windows 7(x64)の場合には、2Gbyte以上

ソフトウェア

OS Windows 7(x86)/(x64)
Windows 8(x86)/(x64)
Windows 8.1(x86)/(x64)
-Windows7のエディションは、 Windows7 Professionalおよび
Windows7 Ultimateとします。
JavaVM JRE1.6(CTBASE/CoreJの場合にのみ必要)

価格

Webフォームよりお問合せください。
【参考価格】 50席 4,950,000円 ~

お問合せはこちら



「CTBASEラインナップ」へ



ソリューション・製品一覧へ