Grails/Groovyの活用タイトル画像

Grails/Groovyは、ソフトウェア開発の生産性と品質を高め、開発期間を短縮する技術です。

概要

Grails/Groovyが求められる背景

近年のソフトウェア開発では、IT技術の劇的な進化により大きな変化が生まれつつあります。
NTTソフトウェアでは経営戦略として、ソフトウェア開発のコスト低減や効率化、スピード向上に取り組んでいます。その一環として、開発効率を抜本的に改善するために、Grails/Groovyを採用しています。

ソフトウェア開発の変化

  • 企業間競争の激化にともなう、開発期間の短縮要請
  • オープンソースソフトウェアの普及に伴うソフトウェアコストの低下
  • 従来型のソフトウェア開発プロセスに則った従来手法の行き詰まり
  • ソフトウェア開発コスト削減の限界
  • 小規模化する開発体制

Grails/Groovyのメリット

Grails/Groovyが提供する利点は以下のとおりです。

短期開発
従来のJavaのみの開発に比べ開発期間を大幅に短縮できます。それは、Javaをベースに、記述の簡明化、機能の拡張が行われているからです。
(詳細は、「Grails/Groovyとは」をご参照ください。)

Java資産の有効活用開発
Grails/GroovyはJavaとの親和性が非常に高い技術であり、既存のJava資産を活用できます。ここでいうJava資産とは、蓄積してきたソフトウェア部品や導入済みのアプリケーションサーバ、あるいは開発者のスキルや運用ノウハウを含みます。たとえば、Groovyの文法はJavaと上位互換であるため、Java開発の経験者はすぐに習得することができるでしょう。

アジャイル開発の適用が可能
近年注目されているアジャイル開発(*1)という開発手法の適用にも向いており、これにより顧客の要望の変化を的確にシステムに取り込んでいく開発が可能になります。


*1 アジャイル開発:短期間での開発を繰り返すことで、顧客の要望を早い段階から順次見える化し、要望を取り込んでいく開発手法です。

なぜGrailsなのか?

GrailsはGroovyを使ったWebアプリケーションフレームワークで、Ruby On Railsなどの現代的なWebアプリケーションフレームワークが提示したコンセプトに基づいており、同様の利点を持ちます。Grailsならではの特長は、Javaとの親和性の高さです。

Grailsおよびそのベースとなっている言語であるGroovyは、先に述べたようにJavaとの連携が非常に容易であり、既存のJavaベースシステムの拡張にも適用可能です。Javaで開発されたシステムの一部をGrails/Groovyで書き直したり、組み込んだりすることにより、ユーザー側でプログラムを修正していくことも可能となります。

また、Grailsの生産性の高さを活用しつつ、高性能が必要とされる部分のみを、Javaで開発するといった役割分担もできます。

ソリューション・製品一覧へ