ISO 9001認証取得コンサルテイング 品質マネジメントシステム(QMS)タイトルロゴ

IT業界におけるISO 9001認証取得メリット

ISO 9001認証取得コンサルティングは、短期間、低コストで、ISO 9001に準拠した品質マネジメントシステム(QMS)を構築し、ISO 9001認証取得できるよう、手厚くご支援します。

Information 弊社の品質に対する取り組みの詳細はコチラ > >

NTTソフトウェアのIT業界に対する強み

~ISO 9001取得のみでなく、リスク監視のような品質保証体制構築を提案~

ISO 9001を取得してから様々な品質保証を実施しており、リスク管理の専門家がプロジェクトの初期から納品、さらにサポートまでのリスク監視による運用体制を構築しております。
IT業界の皆様には、これらのノウハウを活用し、ISO 9001取得支援のみでなく、リスク監視のような、お客様の現場に合わせた品質保証が出来る体制構築をご提案いたします。

IT業界におけるISO 9001(QMS)認証取得メリット例
お手上げのピクト

■ 教育訓練などを通じて、業務に必要なスキルを従業員に身に付けられているか不安 
近年のIT業界では、景気の影響もあり案件の小型化が進み、また、数多くの小型案件を並行して進める必要があります。そのため、プロジェクト管理、設計、試験などの各スキルを持った人材を多数育成することが急務であります。 ISO 9001(QMS)要求事項では、教育訓練などにより業務に必要なスキルを身に付けさせることが要求されているため、必要な力量に到達できる教育の仕組みを整える足がかりになります。

■ 短期間で、製品実現プロセスを適切に構築・運用できているか不安 
近年のIT業界では、短期間での開発が増えています。このため、製品の検証が十分に出来ず品質が悪化する、または、十分な品質を確保するために検証をする期間が長くなり、納期遅延が発生する恐れがあります。 ISO 9001(QMS)要求事項では、必要なプロセスを計画し構築することを要求されています。計画に当たっては、品質目標、検証、合否判定基準などを含めた製品実現プロセスを明確にすることを要求しているため、製品実現ができるプロセス構築の足がかりになります。

■ 顧客の要求事項を満たしているか不安 
ソフトウェアの開発では、運用と開発時の環境が異なるケースがあります。この場合、機種依存などにより品質が低下する可能性があります。 ISO 9001(QMS)要求事項では、設計した製品が顧客の要求を満たしているか確認することを要求しているため、運用環境と開発環境の差異を分析し、顧客の要求を確認できる仕組みを整える足がかりになります。

■ 顧客とのコミュニケーション不足による手戻りを減らしたい
ソフトウェアは、形が見えづらく、顧客との十分な意識あわせが取れないまま開発を進めてしまいやすい傾向があります。設計段階までに顧客との意識あわせが十分にできないと、手戻りが発生する可能性が高まります。 ISO 9001(QMS)要求事項では、お客さまとのコミュニケーションを図る為に効果的な方法を確立し、顧客の要望、製品情報、ニーズ、苦情などのフィードバック情報を得ることを要求しているため、顧客との意識違いを防ぐ足がかりになります。

Information ISO 9001(QMS)認証取得の詳細はコチラ > >
Information ISO 9001(QMS)認証取得の手順の詳細はコチラ > >

ソリューション・製品一覧へ