ISO 9001認証取得コンサルテイング 品質マネジメントシステム(QMS)タイトルロゴ

金属業界におけるISO 9001認証取得メリット

ISO 9001認証取得コンサルティングは、短期間、低コストで、ISO 9001に準拠した品質マネジメントシステム(QMS)を構築し、ISO 9001認証取得できるよう、手厚くご支援します。

金属業界におけるISO 9001(QMS)認証取得メリット例

お手上げのピクト

■ 品質方針に沿った従業員の意識統一ができるか不安
近年、金属業界では、資源の高騰や枯渇などにより、使用を抑制したり、安価なものや代替品に切り替えるなどして、企業は利益を確保する必要が生じています。 ISO 9001要求事項では、品質目標を掲げ、利益を確保しつつ品質確保を意識させた業務遂行をさせることを組織全体に理解させることを要求しているため、従業員と品質方針など意思統一する足がかりになります。

■ 自社技術を、継承していけるか不安
金属業界では、自社が所有する技能・ノウハウの継承、あるいは、新素材における金属加工技術の取り込みへの遅れなどの問題が起こりがちです。 ISO 9001要求事項では、必要なスキルを身に付けさせることを要求しているために、必要な力量に到達できる教育の仕組みを整える足がかりになります。

■ 製品実現プロセスを適切に構築・運用できているか不安
コスト削減の観点から、従来、工程ごとに各専門家が実施していた作業を、一括して発注の動きが目立つようになってきています。そのためには、製品の設計から加工した金属の検証までの計画を作成管理し、一括発注できる体制を整える必要があります。 ISO9001要求事項では、必要なプロセスを計画し構築しなければならない。計画に当たっては、品質目標、プロセス及び文書の確立、検証、合否判定基準などを明確にする必要にすることを要求しているため、製品実現ができるプロセスを構築する足がかりになります。

■ 顧客とのコミュニケーション不足による手戻りを減らしたい
近年の金属業界では、受注にしめる国内顧客の割合が減少傾向にあります。また小ロット化もすすんでいるため、無駄な試作品を製作しないことがますます重要となります。 ISO 9001要求事項では、顧客と要求事項を合意し、記録の保持がなどを要求しているため、お客様との意識違いを避ける足がかりになります。

■ 顧客のニーズを十分に引き出しているか不安
近年の金属業界では、海外との価格競争が大きな課題となっています。価格以外の付加価値を提供するためには、顧客とのコミュニケーションを密にし、ニーズを引き出す必要があります。 ISO 9001(QMS)要求事項では、お客様とのコミュニケーションを図る為に効果的な方法を確立し、製品情報、ニーズ、苦情などのフィードバック情報を得ることを要求しているため、顧客のニーズに沿った付加価値の高い製品を提案ができる足がかりになります。

Information ISO 9001(QMS)認証取得の詳細はコチラ > >
Information ISO 9001(QMS)認証取得の手順の詳細はコチラ > >

ソリューション・製品一覧へ