MarketingAuthorityの製品と機能

MarketingAuthority(マーケティングオーソリティ)とは、お客様(会員、ファン)を囲い込むためのマーケティング支援の統合パッケージです。
基本四機能(顧客分析、コンテンツ管理、アンケート、メール配信)に加えて、ポイントの発行と管理機能を備え、自社のポイントを「ネットマイル」と交換できるなど、これまでになかったデジタルマーケティングソリューションです。

顧客囲い込みのための5大機能とは

  1. 自社ポイントの管理
  2. 顧客分析とセグメント管理
  3. コンテンツの管理
  4. メールの配信
  5. アンケート収集と分析

ポイント管理

ポイント交換

本製品では、御社で管理する商品の管理および交換の仕組みに加え、日本最大級のポイント交換所であるNetMileへのポイント交換の仕組みが用意されています。

昨今、いろいろなサービスにおいてポイント制を利用した顧客の囲い込み(リテンション)施策が実施されています。
しかしながら、顧客に満足いただくポイント制の導入には自社で管理する商品・サービスだけでは不十分な側面がありました。

MarketingAuthorityでは御社が管理するポイントをユーザが好きなタイミングで好きなポイント数だけNetMile内のポイント(マイル)に交換出来ます。 ユーザは、NetMile内でを共通ポイントを含む200種類以上の商品やサービスに交換できますので、ユーザの『これが欲しい!』を簡単に実現できます。 顧客×御社のエンゲージメントを醸成し、かつ、顧客がポイント交換したタイミングでのキャッシュアウトだけにコスト削減することが出来ます。
NetMile内で交換可能な200種類以上の商品はこちらをご覧ください。

本製品×NetMileを利用した特典交換の流れを図で表すと次のようになります。

MarketingAuthority×NetMile 連携イメージ

ポイント付与

MarketingAuthorityはさまざまな契機でポイントを付与することができます。アンケートと組み合わせて回答者にポイント付与、アンケート回答率を高めたりなどマーケティング施策を効果的に進める強力な武器にできます。

ポイント付与タイミング ポイント内容
入会ポイント付与 会員入会時に付与するポイント
月次ポイント付与 毎月付与するポイント
年次ポイント付与 誕生日や入会日等の特定の日に毎年付与するポイント
セグメント別ポイント付与 セグメンテーションターゲットのみに付与するポイント
URLアクセスポイント付与 自サイト内の特定のURLアクセス時に付与するポイント
アンケート回答ポイント付与 アンケート回答時に付与するポイント
ポイント年度の管理 ポイント失効期限や年度の設定
ポイント交換商品管理 ポイント交換用商品の管理

セグメント管理

MarketingAuthorityは、会員の属性をベースとして、さまざまなセグメンテーション軸を組み合わせてカテゴライズし、セグメントとして管理します。それらのカテゴリーごとにメール送信、アンケート、ポイントの付与や交換などのプロモーションやリサーチが行えます。

セグメンテーション
大阪 京都 奈良
10代 セグメント1 セグメント2 セグメント3
20代 セグメント4 セグメント5 セグメント6
30代 セグメント7 セグメント8 セグメント9
40代 セグメント10 セグメント11 セグメント12
MarketingAuthority
セグメンテーション軸
軸の例
ジオグラフィック
(地理)
国、地域、郡、都市、地元エリアなど
デモグラフィック
(実態人口統計)
年齢、性別、家族構成、所得、職業、教育水準、世代、国籍など
サイコグラフィック
(心理的傾向)
ライフスタイル、趣味嗜好、興味関心、価値観、購買意向(動機)など
行動
(状況)
「購買活動」:新規顧客、見込み客、リピート客など
「購買心理」:熱狂的、肯定的、無関心、否定的、敵対的など

MarketingAuthorityでは、マーケティングのPDCAを実施する中で管理が必要になる新たな会員の数値に関する属性項目(例:アクセス数)、日付に関する属性項目(例:最終アクセス日時)、文字列に関する属性項目(例:アンケートのフリー入力項目)をプログラム開発なしに追加しマーケティング施策を実施することができます。(特許出願中)

追加した項目をセグメントに利用・管理することで、ターゲットに最適なメール送信、アンケート実施、ポイント付与や交換の管理を実施することが可能です。

施策の例としては、退会会員の行動によくみられる「会員Webサイトへのアクセス頻度が少ない」というカテゴリーに対し、Webサイト訪問を促すようなメールを送ることが可能になります。さらには、メール開封を契機にサイト訪問した顧客に対し、汎用的な呼びかけではなく、セグメントごとに最適なページやレコメンドを表示することもでき、退会を防ぐような施策を支援します。

MarketingAuthority

コンテンツ管理

MarketingAuthorityのコンテンツ管理は、既存Webサイトにタグを埋め込むだけで顧客属性ごとにヒーロエリアのコンテンツを切り替えることができます。嗜好に合わせたコンテンツの提供で顧客とのエンゲージメントを高めることができます。

MarketingAuthority

メール配信

MarketingAuthorityは顧客の興味のある件名や希望する配信形式(テキストメール、HTMLメール)・配信対象(スマホ、PC、携帯)・配信時間で配信することができます。これにより開封率の高いメール配信を行うことが可能になります。

MarketingAuthority

アンケート

MarketingAuthorityは自由度の高い、多様なアンケートを作成することができます。アンケートの結果を可視化・分析して次の施策を行うことによりWebサイトの価値を高めることができます。

MarketingAuthority

マーケティングデータの収集

上に述べたマーケティング施策に関する機能を動かすことにより、横断的にマーケティングデータを収集することができます。これらは一元的に管理・分析結果を可視化し、次の施策に役立てることができます。このPDCAのサイクルを回していくことにより、継続的な顧客の囲い込みが可能となります。

手法顧客
アクション
内容
メール メール開封 HTMLメールのみ可能。メールをメーラで開いた数。
メールクリック メール文中のリンクをクリックした数。
Webコンテンツ サイトアクセス Webサイトの特定ページへのアクセス数
サイトログイン Webサイトのログイン数
顧客情報変更 Webサイト上で顧客が自情報を変更した数
滞留時間 ページにとどまった時間(サイトアクセスとサイトアクセス時間の特徴
直帰数 同一セッションのアクセスが1件の場合の数
離脱数 同一セッションのアクセスが最後の場合の数
アンケート アンケート回答 アンケートの回答数
アンケート回答結果 アンケートの回答結果
ポイント ポイント付与数 顧客に付与したポイント数
ポイント交換数 顧客が利用したポイント数

ソリューション・製品一覧へ