病院・介護施設向け見守りシステム

見守りシステムとは?

無断外出、離院を未然に防止

RFIDタグを活用した病院、介護施設向けの見守りシステムです。患者様、入居者様が出入り口に近づいたことを、パトランプやパソコンに通知することで、無断外出、離院を未然に防止することができます。また、カメラを追加することもでき、「誰が」無断外出、離院したのかを離れた場所からでも確認することが可能です。

病院・介護施設向け見守りシステム

新生児連れ去り防止にも活用

新生児連れ去りの防止に活用することもできます。
新生児の着衣にRFIDタグを付けることで、連れ去りを未然に防止することができ、赤ちゃんの安全を守ります。

JCIの認証取得対策の一環としても利用

医療機能評価の国際基準である米国の国際病院評価機構(JCI:Joint Commission International)の認証取得対策の一環としても利用されています。

カメラが自動で録画開始(オプション)

RFIDタグを検知した際にカメラが自動で録画開始します。
録画内容はパソコンやスマートフォンで離れた場所からも確認でき、無断外出、離院、新生児連れ去りの防止効果を高めることができます。

現場の声を取り入れた簡単設置・簡単操作

機器の設置は施工不要で、設定も簡単な操作で実施可能。納品当日からご利用頂けます。
現場の担当者の声を取り入れたシンプルな画面と簡単操作を実現。すぐに運用開始できます。

監視の負担が軽減し作業効率化に貢献

無断外出、離院、連れ去りを未然に防止できるため、現場の担当者が監視する負担を軽減。
本来の看護、介護業務に専念できるため、好評頂いております。

機器について

RFIDタグ

一定間隔で電波を発信します。
約15gと軽量設計なため、お守りとして持たせる、靴、杖等の身の回りの物に取り付ける等、一人一人に合った持たせ方が可能です。
アクティブ型RFIDタグ

RFIDレシーバ

出入り口等、検知したい場所にRFIDレシーバを設置します。
検知範囲はRFIDレシーバを中心に球状となりますが、この広さについてはご要望に合わせて柔軟に調整可能です。
アクティブ型RFID

通知用パソコン/パトランプ

RFIDレシーバからの通知を受け取ると、パトランプが鳴動し、通知用パソコンの画面に警告を表示します。


カメラ(オプション)

RFIDレシーバからの通知を受け取ると、カメラが自動で録画開始し、通知用パソコンに録画内容を表示します。
見守りカメラ

スマートフォン

内線用等として使用しているスマートフォンを以下のように活用することもできます。

検知の確認

スマートフォンからも検知したことを確認できるため、有事の際に即座に対応できます。
スマートフォンから確認した場合の警告画面は以下の通りです。
見守りケータイ


患者様、入居者様の捜索(オプション)

無断外出、離院が発生した場合、専用アプリを使って、患者様、入居者様の捜索ができます。
見守りケータイ

導入までの流れ

簡単4ステップで利用開始。
①RFIDレシーバ、カメラ(※)設置 出入り口等、監視したい場所にRFIDレシーバ、カメラ(※)を設置します。
②機器の接続 RFIDレシーバ、通知用パソコン、パトランプ、カメラ(※)を接続し、それぞれに電源を入れます。
③患者様、入居者様の登録 RFIDタグを持っている患者様、入居者様の名前登録します。
通知用パソコンから簡単操作で可能です。
④患者様、入居者様へRFIDタグ配布 患者様、入居者様にRFIDタグを配布します。
※オプションでカメラを付けた場合のみ必要となります。

見守りシステム機器構成

RFIDタグ 50個
RFIDレシーバ 2台
通知用パソコン 1台
パトランプ 1台
カメラ(オプション) 1台



※mobicolletは、NTTソフトウェア株式会社の商標です。
※その他の会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。
※本製品はRFIDタグを持った患者様、入居者様の外出をお知らせするものです。事故自体を防止するものではありません。
※本製品の作動状況に関わらず、事故が発生した場合の損害については、当社は一切責任を負いません。
※検知距離については本製品の設置状況、環境により変化する場合がございます。
※高ノイズ環境や、金属物、遮蔽物の存在等、本製品を設置した場所の周辺環境により検知距離や、受信感度が変化する場合がございます。
※RFIDタグは内部に電池を持つアクティブタグです。電池寿命については使用状況により変化します。
※本製品の使用および、維持管理はお客様の責任において行われるものとします。

ソリューション・製品一覧へ