大規模・マルチベンダネットワーク運用サポートツール「OrderFlowController(オーダーフローコントローラ)」

マルチベンダなネットワーク装置の設定・管理を支援

ベンダのインタフェースに依存しないオーダー(Config)設定・制御

OrderFlowController(オーダーフローコントローラ。以下、OFC)は、マルチベンダなネットワーク装置の設定・管理を支援するシステムです。OFCは、ネットワーク設計ツールなどから投入されたオーダーを、各ネットワーク装置固有のコマンドに翻訳して、優先/排他制御や並行処理を行いながら各装置の設定を行います。

各ベンダ毎に異なる知識・経験が必要となるネットワーク装置・サーバ類の設定・管理を、統一インタフェースで操作できるため、ネットワーク管理・運用作業の負担を大幅に軽減。コスト削減を実現します。

導入メリット

運用管理者の悩み:複雑な作業・属人的な作業による作業負担が大きい
OrderFlowController導入で解決!
作業負担の軽減・コスト削減

製品構成と画面イメージ

各ネットワーク装置へのアクセス制御(設計情報翻訳、優先/排他/順序制御、リアルタイム処理/バッチ処理)を行う基本パッケージと、GUIパッケージで構成されています。

サービスオーダー投入はGUIパッケージ、他システム(既存システム等)の選択可

OFC(GUIパッケージ)画面イメージ

装置検索結果画面 試験結果画面

  • オーダー投入部分は他システム(既存システム等)との連携、もしくはGUIパッケージのいずれかから選択できます。既存システムとの連携も容易です。
  • 装置アクセス部分は様々なベンダのネットワーク装置に対応できます。また、ネットワーク装置以外のインタフェースも追加できます。
  • システム全体でオープンソースソフトウェアを使用しています。動作実績豊富なミドルウェア構成を安価に構築できます。

ライセンスとオプション

  • ライセンス価格は物理サーバ単位です。CPU/コア数には依存しません。
  • パッケージは必要な機能グレードにより、選択可能です。
基本パッケージ 設計情報翻訳、優先・排他・順序制御、リアルタイム/バッチ処理
基本パッケージ+GUIパッケージ 基本パッケージ+設備管理機能、config管理機能、試験機能、アカウント管理機能
  • 年間保守契約が可能です。
  • お客様の要望に応じて、様々なカスタマイズが可能です.(オプション)
       例)ネットワーク装置向けシナリオファイルを用いた設定
         サーバ向けシナリオファイルを用いた設定
        オーダーファイルの操作

動作環境

基本パッケージ

サーバ ハードウェア IBM PC/AT互換機 CPU:1GHz x 2以上、
メモリ:2Gbyte以上、DISK:20Gbyte以上
ソフトウェア RHEL6.4 (x86_64), OpenJDK, PostgreSQL, Hibernate

基本パッケージ+GUIパッケージ

サーバ ハードウェア IBM PC/AT互換機 CPU:1GHz x 2以上、
メモリ:2Gbyte以上、DISK:20Gbyte以上
ソフトウェア RHEL6.4 (x86_64), OpenJDK, PostgreSQL, Hibernate, Apache, Tomcat
クライアント Webブラウザ Internet Explorer 7 以上

導入までの流れ

OFCでは、お客様の課題、ご要望、現状の運用を伺い、お客様に合ったシステムづくりやご予算に応じたカスタマイズをご提案しています。

導入までの流れ

ソリューション・製品一覧へ