企業活動の拡大に伴うストレージの追加・運用にお困りではありませんか?

  • ● 企業活動の継続、拡大に伴うデータ量の増大
  • ● ビジネスの多様化によるデータの種類の増加
  • ● 容量不足の都度、用途に合わせた専用ストレージの買い増し

ストレージに求められる性能、信頼性、可用性は高まる一方で、構築や運用のコストも増大し続けています。

企業活動の拡大に伴うストレージの追加・運用にお困りではありませんか?
『オープンソースソフトウェアによる分散ストレージ』は以下のような特徴があります。
  • ● 柔軟な構成が可能で、拡張性、可用性が高い
  • ● 一般的な機器(IAサーバ等)だけで構成でき、安価に構築できる
  • ● 多様な用途に応えられるインターフェースを具備

オープンソースソフトウェアについて

  • オープンソースソフトウェアは、ソースコードが公開され、ソースコードの自由な利用が可能なソフトウェアです
  • 当社やNTT研究所の高度な技術者が集うグローバルなコミュニティによって保守、サポートされていますので、安心してお使いいただけます

ソフトウェアの実績について

当社で主に取り扱っているオープンソースソフトウェアのSDS(SoftwareDefinedStorage)製品は、「Sheepdog」(ブロックストレージ)と「Swift」(オブジェクトストレージ)です
多種多様な利用実績がありますので、安心してお使いいただけます

・Sheepdog
  2016年6月30日にVersion1.0がリリースされました
  部門内共有ファイルサーバ(NAS)として、当社内で運用実績があります
  Windows上のソフトウェア開発における試験環境(VMの仮想ディスク)として利用実績があります
  レンタルプライベートクラウド内の仮想ディスク(ストレージプール)として利用されています

   ※プライベートクラウド内のディスクなどに適しています


・Swift
  OpenStack の初期からの主要コンポーネントとして実績があります
  AmazonS3互換APIを利用できます
      https://www.ntts.co.jp/column/tec/openstac_amazon_s3_01/

  メールサービスのアーカイブ格納インフラ基盤として実績があります
      http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2015/011500.html

   ※ファイル単位のアーカイブやバックアップ先に適しています



ご利用と構成のイメージ

さまざまなユースケースに対応するプライベートなストレージプールをオープンソースのSDS製品で実現します

価格・詳細

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

Sheepdogは日本電信電話株式会社の登録商標です
OpenStackはOpenStack,LLCの登録商標です

ソリューション・製品一覧へ