CSLGuard×ActCenter

CSLGuard x ACTCenterとは?

特権IDをプロセスで管理
内部不正の早期検出・監査を効率化!
特権ID の不正利用による情報漏えい・事故が後を絶たず、厳密な統制・管理を求められています。
ID 全般統制や、各種法令・基準(PCI DSS、FISC 安全管理対策基準)など、企業が求められる対策を5つのプロセスで効率的に管理することで、内部不正の早期検出・監査の効率化を実現します。
特権IDプロセス

特 長

2年連続国内シェア1位
CSLGuard & ACTCenter は、1999 年に大手都市銀行様の声から生まれたソリューションです。その後、多くの金融機関様に選んでいただくことで、厳格な運用をいかに確実かつ効率的に実現するか、改善を繰り返し長年ノウハウを培ってきました。
そのノウハウは現在、多種多様な業界から信頼をいただいており、国内シェア1位をいただいております。
2年連続国内シェア第一位
各種法令・基準に対応し監査を効率化
金融機関に求められる内部対策の基準(FISC 安全管理対策基準、金融庁検査マニュアル)や、クレジットカード業界のセキュリティ 基準(PCIDSS)など、各種法令・基準が求めるアクセス統制が行えます。
求められる監査に必要な機能が標準装備されており、効率的に対応できます。
各種法令・基準に対応し監査を効率化
エージェントレスで幅広く管理
管理対象システムに、モジュールやエージェントソフトをインストールする必要はございません。既存のシステムやネットワーク構成に一切影響なく、導入・展開が行えます。
また、OS のみならず、データベースや仮想環境(ハイパーバイザー) など幅広く特権ID 管理が行えます。
エージェントレスで幅広く管理
導入・保守運用支援を万全にサポート
特権ID 管理は、お客様のシステム全体を管理する重要な要素です。 反して、システムを取り巻く環境は、「現在の運用への影響を少なくしたい」、「運用に関わる人と役割が多岐に渡る」、「仮想環境・クラウド環境などシステム環境が複雑化」など、課題が山積しています。
豊富な支援実績から運用を知り尽くした専門SEが、現状のシステム運用を踏まえた最適な導入プランをご提案し、保守・運用の定着化を支援いたします。
導入・保守運用支援を万全にサポート

機 能

申請・承認
申請・承認
特権IDを利用した作業の申請・承認ワークフロー機能です。承認プロセスを職務分掌に沿って実施し、 承認から特権ID の貸出しを申請ステータスに基づいて行います。
● 承認に基づいた特権IDの自動貸出し
● 承認者不在時の緊急利用(事後承認)
● 多段承認への対応
● 想定外作業発生時の延長申請
申請・承認
ID管理
ID管理
特権ID 管理者が実施する管理作業を、自動化する機能です。申請・承認と連動した特権ユーザへの特権IDの貸出しや、申請した利用終了時刻後の権限回収、また、定期的に実施するパスワード変更、アカウント棚卸しなどの管理作業を自動化します。
● IDの抽出・登録・変更・削除
● パスワード定期変更
● アカウントの棚卸し
ID管理
アクセス制御
アクセス制御
root やAdministratorなどの共有IDでも、利用者を特定した形で、許可を与えた特権ユーザのみに特権IDを貸出す機能です。
● 承認された特権ユーザのみへの特権IDの貸出し
● 共有IDの利用者特定
● パスワードの秘匿
アクセス制御
アクセスログ監査
アクセスログ監査
アクセスログを収集し、作業申請と、特権IDを利用した実際のアクセスログを突合せ、点検・監査を実施する機能です。作業申請とアクセスログの突合せは自動で行い、未承認での利用を簡単に発見できます。
● アクセスログの収集・保管・検索
● 作業申請とアクセスログの自動突合せ
● 未承認利用の検出と通知
● 監査レポートの作成
● コンソールログオンの点検にも対応
アクセスログ監査
操作動画監査
操作動画監査
特権ユーザによる操作を動画で記録し、証跡として保存する機能です。アクセスログ管理機能と連携し、監査レポートから未承認利用の操作に絞り、効率的な点検が行えます。
● 操作の録画・検索
● 高画質・低容量の動画保管
● ユーザ操作に絞った効率的な再生
操作動画監査

システム構成図例

システム構成図例

動作環境

特権ID管理サーバ環境
対応OS ・Windows Server 2008 / 2008 R2
・Windows Server 2012 / 2012 R2
対応仮想環境 ・VMware ESX/ESXi 5
CPU 2.0GHz 以上のプロセッサデュアルコア以上
メモリ 2GB 以上(※OS、データベース等は除く)
ディスク 40GB 以上の空き容量(ログファイル容量は除きます)
その他 以下のデータベース製品が必要です
・Oracle Database 11g R1 SE / SE One for Windows/Linux
・Oracle Database 11g R2 SE / SE One for Windows/Linux
・Oracle Database 12c R1 SE / SE One / SE 2 for Windows/Linux
管理画面の利用には、以下のブラウザが必要です
・ Internet Explorer 7.0 / 8.0 / 9.0 / 10.0 / 11.0
利用者端末
対応OS ・Windows Vista( Business/Ultimate/Enterprise)
・Windows 7 (Professional/Ultimate/Enterprise)
・Windows 8.1 / 10 (Pro/Enterprise)
・Windows Server 2008 / 2008 R2 (Standard)
・Windows Server 2012 / 2012 R2 (Standard)
CPU 1.0GHz 以上のプロセッサ
メモリ 1GB 以上(※OS 等は除く)
ディスク 50MB 以上の空き容量(ログファイル容量は除く)
ID 管理対象
対象OS ・Windows 7
・Windows 8.1
・Windows Server 2008 / 2008 R2
・Windows Server 2012 / 2012 R2
・Red Hat Enterprise Linix 4 / 5 / 6 / 7
・SUSE Linux Enterprise Server 10
・IBM AIX
・Oracle Solaris
・HP-UX
対象ディレクトリ ・Active Directory 2008 / 2008 R2
・Active Directory 2012 / 2012 R2
対象DB ・Oracle Database
・Microsoft SQL Server
対象仮想環境 ・vCenter Server
※ 上記以外の対象につきましても多数実績ございますので、お気軽にお問い合わせください。
※ 本資料に記載されている内容は予告なく変更する場合があります。

ソリューション・製品に関するお問い合わせ

ソリューション・製品一覧へ