ProgOfficeが実現した
モバイルコミュニケーションの形。

電話帳機能

社内電話帳、社外電話帳として利用が可能です。

■社内電話帳
コミュニケーション(電話/メール/SMS)を効率よく、素早く実現するために、社内電話帳とOffice365、G Suiteなどのスケジュール機能と連携します。

 
社内電話帳イメージ

社内電話帳イメージ
特許出願中

 
 ・よくアクセスする人順に連絡先一覧を表示
 ・相手社員のOffice365やG Suiteスケジュールを電話帳に表示。
 ・Office365やG Suiteなどのスケジュール内容に応じておすすめコミュニケーション手段を表示


 
■社外電話帳
名刺情報と電話帳情報が連携。さらに電話帳にSalesforceの活動履歴や直近のToDOが表示され、今取るべきコミュニケーション手段がわかります。
社外電話帳イメージ

社外電話帳イメージ
特許出願中

 
 ・よくアクセスする人順に連絡先一覧を表示
 ・Sansanを利用していれば、名刺情報を表示
 ・Salesforceの最新情報が表示され、最新状況を一目で確認
 ・顧客の営業状況により、おすすめ連絡手段を自動で表示


連携機能

ProgOffice Enterpriseは、以下のサービスと連携しています。

Office365 Office365で利用しているスケジュール情報が、社内電話帳(連絡先)一覧に連携して表示されます。
相手の社員の予定を確認しながら、連絡を取ることができます。
自分の予定は、ProgOffice Enterpriseのメニューから確認することも可能です。
G Suite
G Suiteで利用しているスケジュール情報が、社内電話帳(連絡先)一覧に連携して表示されます。相手の社員の予定を確認しながら、連絡を取ることができます。

Sansan Sansanの名刺情報と社外電話帳が自動で連携します。Sansanで取り込んだ名刺情報が、ProgOffice Enterpriseに社外の連絡先一覧として表示されます。Sansanから取り込んだ顧客情報は、わかりやすくアイコンで表示します。
また、着信ポップアップ機能を利用できるため、誰からの着信かを確認できるため、スピーディで明確なコミュニケーションを実現します。
Salesforce Salesforceに、登録されているお客様への活動履歴やスケジュールを、社外の電話帳に連携して表示します。社外電話帳(お客様連絡先一覧)にSalesforceのデータが掲載。連絡先情報詳細を確認すると、案件情報をProgOffice Enterpriseのアプリから確認することができます。
案件状況や今後の予定を確認しながら、最適なタイミング/方法でお客様に連絡を取ることができます。
オフィスリンク NTTドコモのオフィスリンクを利用している場合、発信時、自動的にオフィスリンク網へ接続します。
そのため、余計な通話コストが発生せず、コストを削減します。


◎利用イメージ
オフィスリンク端末の外線番号をダイヤル ⇒ オフィスリンク内線番号に自動変換して発信


セキュリティ対策

ProgOffice Enterpriseは、以下のセキュリティ対策を行っています。

端末にデータを残さない ProgOffice Enterpriseを利用していれば、電話帳データや発着信履歴データ、SMSのやり取りを端末には残しません。※AndroidOSのみ
また、クラウドのメールもProgOffice Enterpriseから利用ができ、データを残しません。
ユーザ認証 複数の認証を組み合わせて、強固な認証を実現しています。不正アクセスを防ぎます。
 ・アカウント認証
 ・端末認証
 ・アプリケーション認証

スマートフォンのビジネス活用にお悩みの方は、こちらからお問い合わせください。

※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ