チャット画面

チャットサポートシステム Remote Attend(リモートアテンド)とは?

Remote Attendは、お問い合わせ、製品サポート、販売促進などのエンドユーザ対応をWeb上で実現する
チャットサポートシステムです。
Webサイトに良いタイミングでチャット招待アイコンを出現させ、
その場で実店舗と同じように接客することにより、
お問い合わせ、商品購入といったコンバージョン達成のチャンスを逃しません。

近年、オムニチャネルサポートに対応する企業が出てきています。スマートフォンが主流となり、
文字コミュニケーションが日常的になっている今、
エンドユーザ対応のオムニチャネル化にチャットというチャネルはかかせません。

特長

Remote Attendの強み

CTIアプリケーション開発・コンタクトセンター構築・画面共有型リモートサポート製品・コミュニケーションツールとして
販売しているグループチャット製品で長年培った開発・構築/業務/運用のノウハウを基に開発した、
国産のユーザ応対用チャットシステムです。

国産だからこそ、日本ならではの「おもてなし」の心を技術で実現しています。

・ 感情のない文字に表情を加え、気持ちを正確に伝達
・ 定型文によるサポートの効率性への気配り
・ 安心・安全のセキュリティ対策
・ ご要望に合わせたカスタマイズへの対応

"チャット"と言ってもココが違う!

コールセンターシステムのIP-PBXに付帯されているチャット機能や、ビジネス上のグループで
利用するチャット(当社製品:TopicRoom)は、社内や組織内のコミュニケーションツールとして使われます。

それに対し、本製品は、エンドユーザへの「接客」のための専用チャットです。
そのため、企業経営に役立つ仕組み、オペレータの効率を上げる仕組み、ユーザにとって便利な仕組みになっています。
「接客」に関わる三者にとってうれしい機能を取り揃えています。

Remote AttendとTopicRoomの違い

TopicRoomと併用することで、より円滑に業務を行えます。

課題解決

経営者の課題

  • 収集したユーザの声をすぐに経営に活かしたい
  • オペレータの対応率を向上し、コストを下げたい
  • オペレータとユーザとのやりとりを管理者に監視させ対応品質を向上したい
矢印
  • チャットログやアンケートから傾向分析が可能です。経営判断、顧客満足度測定などに活用できます。
  • チャット時間を指定して予め提示し、自動終了させることが可能です。
    電話対応に必要な「話し方トレーニング」は不要、育成コストがかかりません。
  • スーパーバイザーや管理者が、ユーザとオペレータとのチャット内容をリアルタイムにモニタリングできます。

チャットに対するオペレータの悩み

  • 文字でのやりとりでは、素早く適切な文章で伝えられるか
矢印
  • 業務でよく使用する文を予め登録し、「定型文」として本文に挿入できます。
    回答入力時間を短縮するとともに、回答品質の一律化が図れます。
  • 表情アイテム」を使えば、文字だけでは伝わりにくいニュアンスの表現を補助します。

従来のチャネルに対するユーザの悩み

  • 電話では待ち時間が長い、メモを取る必要がある
  • メールでは回答がくるまでに時間がかかる
  • ソーシャルメディアでは問い合わせ内容が公開される
矢印
  • 同時に複数のユーザを対応できるからお待たせしません。
    会話の記録をメモとしてお送りすることができるからURLや電話番号などの情報も間違いなく伝えられます。
  • リアルタイムに回答できて、今まで取り逃していた”ホットな状態”のユーザをつかまえられる
  • 非公開なので、個別の質問や相談も手軽にしてもらえて問い合わせ数UP!

さらに、チャットサポートはこまめな文字コミュニケーションで、解決までの時間が短く、興味を失わせません。
精度の高いサポートで顧客満足度向上を見込めます!

利用シーン

利用シーン1:コールセンター代行

コールセンター代行

サポートコストを削減します

複数のクライアント企業から業務を受託するマルチテナント運用のコールセンターにおいても、チャットサポート「Remote Attend」には、電話やメールと同じように問い合わせチャネルの1つとして活用できる仕組みがあります。

チャットサポートの特徴である「同時に複数のエンドユーザを対応」する場合、それぞれチャットを開始したサイトが異なっていても手間なく正確に対応できます。


利用シーン2:航空券、ホテル予約

航空券、ホテル予約

海外渡航客からの予約が増大します

航空会社やホテルのようなさまざまな国の方が訪問する企業のサイトで、外国人観光客はWeb予約の方法がわかりにくいと、サイトから離脱してしまいます。そのようなとき、海外では日本より早くから普及しているチャットサポートで接客することにより、問い合わせ数さらには予約数が増加します。

Remote Attendでは、単なる多言語対応ではなく、ユーザの利用言語を自動判別し、その言語に対応できるオペレータがいる場合、優先的につながるようになります。オペレータはその言語に合わせ、定型文などが自動的に切り替わるので、同時に別の言語のユーザを対応することも可能です。


利用シーン3:在宅勤務

在宅勤務

子育てや介護支援策として利用でき、雇用確保・創出につながります

音声や映像が不要なチャットサポートは、家庭内で場所を選ばず、コールセンターの在宅勤務に最適です。ブラウザ環境だけで利用できます。

Remote Attendでは、スーパーバイザはオペレータのチャットを遠隔からモニタリングできます。さらに、常時監視していなくてもユーザから要注意ワードが入力されたときにお知らせする機能があるので、すぐにフォローすることが可能です。1人で仕事をする環境でも安心です。


利用シーン4:観光案内

観光案内

誘客効果を向上します

Webサイトだけでなく、パンフレット、ポスター、デジタルサイネージなどからチャットサポートを行うことも可能です。観光案内ポスターにチャットサポート受付のQRコードを載せておくことにより、イベント情報や観光スポットへの行き方などに関するちょっとした問い合わせを促し、多くのスポットに立ち寄ってもらうことが期待できます。

Remote Attendは、紙媒体であってもWebサイトからのチャットと同様に、どこから要求がきたかを表示できるので、オペレータはスムーズに対応できます。


機能

価格

価格



※  オンプレミスについては応相談
※  価格は税別表示となります。
※1 ライセンス費、問合せサポート費を含みます。
※2 2席以上から承ります。
※3 お客様専用のVM環境をご用意し、更なるセキュリティ強化を実現した専用SaaSプランとなります。

FAQ

新着情報

2016/05/25~26「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2016in大阪」に出展しました。
2016/04/28 Ver1.1を提供開始しました。
2016/02/16~17 「マーケティング・テクノロジーフェア2016」に出展しました。
2016/02/08 Ver1.0を販売開始しました。
2016/01/29 「ニッキン」に掲載されました。
2016/01/25 「日本情報産業新聞」に掲載されました。
2016/01/20 コンタクトセンター専門誌「月間コンピューターテレフォニー」のチャットサポート特集記事に掲載されました。
2016/01/13 【報道発表】オムニチャネルコンタクトセンターを実現する純国産チャットサポートシステム「Remote Attend」を2月8日に新発売

ソリューション・製品一覧へ