「SkyOnDemand」クラウド時代のデータ連携をクラウドで解決します

機能紹介

SkyOnDemandは基幹システムとSaaSアプリケーション、基幹システム同士、SaaSアプリケーション同士とのデータ連携に必要な機能が充実しています。

↓通信機能
↓データ変換機能
↓トリガー機能

通信機能

SkyOnDemandでは以下の方式でデータ通信ができます。

・WebDAV通信
・FTP通信
・SOAP/REST通信
・HTTPS通信
・POP通信
・SMTP通信

通信例1.WebDAVサービスによる通信
通信例1.WebDAVサービスによる通信イメージ

通信例2.FTPクライアントによる通信
通信例2.FTPクライアントによる通信イメージ

データ変換機能

SkyOnDemandは連携データの構造や値を変換する豊富なロジックを用意しています。
代表的な変換ロジックを紹介します。

1.数値変換ロジック
(1)加算、減算などの四則演算
(2)数値の範囲チェック
(3)切り上げ、切り捨て、四捨五入
(4)数値形式の変換

2.文字列
(1)ひらがな⇔カタカナ、ひらがな⇔ローマ字
(2)全角⇔半角
(3)Null(空白)の削除

トリガー機能

SkyOnDemandはスケジューリングや、ボタンクリックなど様々なタイミングで連携を実行させることができます

1.スケジュールトリガー
1.スケジュールトリガー

2.インターバルトリガー
2.インターバルトリガー

3.HTTPトリガー
3.HTTPトリガー

4.ファイルトリガー
4.データベーストリガー




※SkyOnDemandおよびスカイオンデマンドは、株式会社テラスカイの登録商標です。
※その他の会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織 の商標または登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します (MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ