TopicRoom API利用規約

第1条(規約の適用)

  1. 1.TopicRoomAPI利用規約(以下「本規約」といいます)は、エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社(以下「弊社」といいます)が提供するAPI提供機能(第2条第6号参照)を利用し、サービス利用者(第2条第11号参照)に対してAPI利用サービス(第2条第9号参照)を提供しようとする者と弊社との間に適用されるものです。なお、本規約は、別途弊社が定めるTopicRoomサービス約款に準ずるものとし、本規約に定めのない事項に関しては、TopicRoomサービス約款の規定が適用されるものとします。

第2条(用語の定義)

  1. 1.本規約で使用する用語の解釈については、本規約の他の条項で定めるほか、次の各号に定める定義に従うこととします。
    1. (1)「契約者」とは、TopicRoomサービス約款および本規約に承認の上、所定の手続きに従いTopicRoomサービス(以下「本サービス」といいます)の利用を申込み、弊社が本サービスの利用を許諾した法人、団体等をいいます。
    2. (2)「管理者」とは、契約者が選任するシステム管理者をいいます。
    3. (3)「サービス契約」とは、契約者と弊社との間で締結される、本サービスの提供に関する契約をいいます。
    4. (4)「クラウド保管情報」とは、弊社が提供する本サービスに関連して管理している情報のうち、API提供機能を利用して契約者が取得することができる情報として、弊社がTopicRoom APIリファレンス(第11号参照)において定める情報をいいます。
    5. (5)「契約者追加情報」とは、契約者がAPI提供機能を利用し、本サービスに関連して管理している情報に対して追加した情報をいいます。
    6. (6)「API提供機能」とは、弊社がサービス契約に基づいて契約者に対して提供する、クラウド保管情報の取得、弊社が提供する本サービスに関連して管理している情報に対して情報を追加することなどを可能とする機能をいいます。なお、API提供機能の詳細は、TopicRoom APIリファレンスにおいて定めるとおりとし、本規約とTopicRoom APIリファレンスの内容に齟齬が生じた場合は、TopicRoom APIリファレンスが優先的に適用されるものとします。
    7. (7)「TopicRoomシステム」とは、API提供機能を提供するために弊社が設置する電子計算機、電気通信設備等をいいます。
    8. (8)「APIキー」とは、契約者がAPI提供機能を利用するに際し、TopicRoomシステムにアクセスするために必要となるクライアントID、クライアントシークレット、更新トークン等の認証情報であり、サービス契約後に管理者がTopicRoomシステムより払い出すものをいいます。
    9. (9)「API利用サービス」とは、契約者が、API提供機能を利用してサービス利用者に対して提供するサービス、アプリケーション等をいいます。
    10. (10)「サービス利用者」とは、契約者からAPI利用サービスの提供を受ける者をいいます。
    11. (11)「TopicRoom APIリファレンス」とは、契約者がAPI提供機能を利用するにあたっての条件、API提供機能の内容等について、本規約とは別に弊社が定めるものの総称をいいます。
    12. (12)「本規約等」とは、本規約とTopicRoom APIリファレンスの総称をいいます。

    第3条(本規約等の変更)

    1. 1.弊社は、契約者の事前の承諾を得ることなく、本規約等を独自に変更することができるものとします。本規約等が変更された後のサービス提供条件は、変更後の本規約等に拠るものとします。本規約等を変更する場合、弊社は契約者に対し、オンライン通知または弊社の選択する方法にて行うこととします。また、発信によりその通知の効力が生ずるものとし、通知の到達の有無にかかわらず、変更後の本規約等が適用されるものとします。

    第4条(API提供機能の提供)

    1. 1.弊社は、本サービスの新規契約時または変更契約時にAPI提供機能の利用申請をした契約者に対して、API提供機能を提供します。
    2. 2.契約者は、API提供機能を利用するにあたっては、本規約等を遵守し、TopicRoom APIリファレンスに従ってTopicRoomにアクセスするものとします。

    第5条(API提供機能の利用申込)

    1. 1.API提供機能の利用希望者は、TopicRoomサービス約款および本規約に承認の上、契約元所定のサービス加入申込書またはサービス変更申込書に必要事項を記入し、契約元に提出することで、API提供機能のための申込みを行うものとします。
    2. 2.弊社は、契約元を通じてのサービス加入申込書またはサービス変更申込書の確認を行い、設定終了後速やかに契約者に対し、本サービスの変更に伴う設定完了通知を行うものとします。

    第6条(契約者の責任)

    1. 1.契約者は、自己の責任においてAPI提供機能及びクラウド保管情報を利用し、かつ、API利用サービスを開発、提供するものとし、API提供機能又はクラウド保管情報の利用、API利用サービス及び契約者追加情報について一切の責任を負うものとします。

    第7条(サービス利用者等に対する問い合わせ対応等)

    1. 1.契約者は、API利用サービスの提供に関する、サービス利用者その他の第三者との間での苦情、問い合わせ又は紛争等(以下「紛争等」といいます)に対して十分な対応を行う体制を構築するとともに、紛争等が発生した場合は、自らの費用と責任において当該紛争等に対応し、解決するものとします。
    2. 2.弊社とサービス利用者その他の第三者との間で、API利用サービスの提供に関する紛争等が発生した場合も、契約者は、自らの費用と責任をもって当該紛争等に対応しなければならないものとします。
    3. 3.前二項にかかわらず、やむを得ず弊社が当該紛争等に対応したことにより、その他当該紛争等に起因して弊社に損害が発生したときは、契約者は当該損害を賠償するものとします。
    4. 4.契約者は、弊社とサービス利用者その他の第三者との間でAPI利用サービスに関する紛争等が発生したときは、弊社が当該第三者に対して、契約者の氏名若しくは名称、住所、電話番号等の連絡先等の契約者に関する情報を開示することにあらかじめ同意するものとします。
    5. 5.契約者は、サービス利用者その他の第三者から自己の提供するAPI利用サービス以外のAPI提供機能に関する問い合わせ等を受けた場合には、遅滞なくその旨を弊社に通知するものとします。

    第8条(商標等の使用許諾)

    1. 1.契約者は、弊社の事前の承諾を得た場合、弊社の指定する商標、ロゴマーク等(以下「商標等」といいます)を使用することができるものとします。ただし、契約者は、商標等の利用にあたり、弊社が別に定める商標等の使用にかかるガイドラインを遵守するものとします。
    2. 2.弊社が、契約者による商標等の使用が不適当であると判断し、契約者に通知した場合、又はサービス契約が終了した場合、契約者は、商標等の使用を直ちに中止しなければならないものとします。

    第9条(APIキーの管理)

    1. 1.管理者はAPIキーの管理に責任を負うものとし、弊社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、APIキーの漏洩により損害が生じても弊社は一切の責任を負わないものとします。なお、契約者に貸与されたAPIキーにより、弊社または第三者に損害が生じた場合には、契約者が責任を負うものとします。
    2. 2.APIキーの管理権限は管理者が持つものとし、弊社はAPIキーの管理権限を持たないものとします。

    第10条(権利の帰属)

    1. 1.クラウド保管情報、APIキー、TopicRoom APIリファレンスその他、弊社から契約者に開示される情報(以下本条において「開示情報」といいます)にかかる著作権及び特許権等の知的財産権並びにノウハウ等の一切の権利は弊社又は第三者に帰属するものであり、契約者はサービス契約に基づき弊社又は第三者より何らの権利の移転又はサービス契約において定める以外の使用又は利用の許諾を受けるものではないものとします。
    2. 2.契約者は、開示情報に基づいて、発明、考案又は意匠の創作をなしたときは、直ちに弊社に通知するものとし、かかる通知後速やかにその発明、考案又は意匠の創作に基づく特許、実用新案登録又は意匠登録を受ける権利の帰属及び実施条件等について、契約者と弊社で協議の上必要又は相当と認められる事項を定めるものとします。

    第11条(競合禁止等)

    1. 1.契約者は、本契約の有効期間中、本サービスにより取得した情報を、弊社が提供する製品又はサービスと直接的に競合する製品又はサービス(以下、「競合サービス等」という)に利用しないものとし、競合サービス等を自ら提供するほか、販売代理、仲介又はそれらに準ずる行為をする場合は、その対応について弊社と協議するものとします。但し、契約者が本契約締結以前より取扱う、自社の製品、サービス及び他社の製品、サービスについてはこの限りではないものとします。


    以上

    附則

    1. 本規約は平成27年12月26日から実施します。