TrustShelter/VA

脆弱性管理の課題と解決

標的型攻撃などに代表されるサイバー攻撃が高度化・多様化し続ける中、企業活動を守るために継続的なセキュリティ対策を施すことが求められます。しかしながら、システムが利用するOSやアプリケーション等の脆弱性は日々発見されており、情報収集および対策の実施を継続的に行うことは大きな負担となりがちです。

TrustShelter/VA は毎日発生する大量の脆弱性情報の中から、特にお客様のシステムに関係する重要情報を抽出して配信し、脆弱性の管理を支援するサービスです。お客様に応じた脆弱性情報に関する対処・回避方法を常に提供することで、システム運用者は毎日変化する企業システムのセキュリティリスクの状況を定常的に把握し、効率の良い脆弱性対処作業を実現することで脆弱性管理の負荷を軽減します。

お悩み脆弱性管理が必要と言われても…
  • 脆弱性情報はどこから集めればいいの?
  • パッチ適用はどうやればいいの?
  • パッチ適用以外の回避策はないの?
解決脆弱性対処支援サービス 「TrustShelter/VA」で解決!
  • お客様の環境に必要な脆弱性情報を収集・提供します
  • 脆弱性対処に必要な情報を提供します
  • パッチ適用以外の回避策も適用します ※回避策の有無は脆弱性情報の内容によって異なります
TrustShelter/WAFのサービス概要

※製品名であるTrustShelter/VAのVAは、Vulnerability Assessmentの略です。

TrustShelter/VAの特長

POINT1社内のリスク状況を可視化

資産情報の属性を活用することで、お客様の状況に即した実際的なリスク評価を実現します。
脆弱性の見える化 画面イメージ

POINT2対処に必要な脆弱性情報をご提供

お客様の環境に存在する脆弱性情報に応じたソフトウェアのパッチ情報をご提供するほか、バージョンアップ以外の回避策までご提供します。
※回避策の有無は脆弱性情報の内容によって異なります
便利な対処情報 画面イメージ

TrustShelter/VAの機能

TrustShelter/VA は脆弱性情報の中からお客様のシステムに関係する情報を抽出し、リスク状況の見える化および脆弱性対処情報提供を行います。

機能概要
リスク状況
可視化表示
機器情報を基にしたお客様環境内の脆弱性検知状況を可視化表示します。
セキュリティ管理者はWeb画面を通じてリアルタイムに社内のリスク状況、および対処進捗状況を管理することができます。
脆弱性対象
機器一覧表示
脆弱性情報に該当するお客様環境内の機器一覧を表示します。
運用者は一覧を確認することで、脆弱性対処を行うべき機器の特定が容易になり、脆弱性対処作業の効率化が可能となります。また、対処実施結果を反映すると機器一覧はリアルタイムに更新されるため、脆弱性管理を容易にします。
脆弱性対処
情報表示
脆弱性内容およびお客様の機器環境に応じた対処情報や回避策情報を表示します。
運用者は脆弱性に関する対処情報を元に、効率の良い脆弱性対処作業を行うことができます。

TrustShelter/VAの価格

価格はこちらのページをご参照ください。


※TrustShelter は、NTTソフトウェア株式会社の登録商標です。
※その他の会社名、製品名などの固有名詞は、一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。
※当ソリューション・製品に関するお問い合わせリンクは、NTTソフトウェアのお問い合わせ専用ページ(社外サイト:MARKETINGPLATFORM)に遷移します(MARKETINGPLATFORMは、株式会社シャノンが提供しているクラウドアプリケーションです)。

ソリューション・製品一覧へ