2010年05月31日

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社(代表取締役社長:月間 郁夫、本社:東京都文京区、以下NTTビズリンク)とエヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社(代表取締役社長:伊土 誠一、本社:東京都港区、以下NTTソフトウェア)はNTT東日本/NTT西日本の「ひかり電話ナンバーゲート(*1)」に対応するテレビ会議多地点接続サービス(*2)の商用化に向け、NTTソフトウェアのNGN対応ソフトウェアアプライアンス「Crossway(クロスウェイ)(*3)」を活用した共同検証を開始します。

昨今のテレビ会議の高機能・低価格化による大幅な普及に伴い、IP-VPN等の閉域網を使用した企業内に閉じたテレビ会議だけでなく、取引先やグループ会社間でのテレビ会議を行う機会が増えています。

従来こうしたケースでは、公衆性の高いISDNやインターネットを利用することが大半でした。しかし、ISDNを利用して高品質なテレビ会議を実現すると通信料金が高額となり、インターネットを利用すると品質が安定しないだけでなくセキュリティリスクが伴います。このため、高品質(帯域確保型)、高セキュリティかつ低価格な「ひかり電話ナンバーゲート」を使用したサービスに期待が高まっています。

この様な背景から、NTTビズリンクとNTTソフトウェアは、NTTソフトウェアのNGN対応ソフトウェアアプライアンス「Crossway」を用いた新しいテレビ会議多地点接続サービス(以下 本サービス)の商用化にむけて検証を開始することとなりました。

「Crossway」は、各種テレビ会議端末(「ひかり電話」に対応していない既存テレビ会議端末を含む)を「ひかり電話」に接続できるという特長があり、本サービスによって「ひかり電話」を使用したテレビ会議との接続が容易になります。

今後、本サービスと各社テレビ会議端末との相互接続に関する検証など、両社で相互協力のもとで商用化に向けた検証を実施していく予定です。


【用語解説】

*1:ひかり電話ナンバーゲート
「ひかり電話ナンバーゲート」は、NTT東日本、NTT西日本が提供する、帯域確保された双方向通信が可能で、最大200回線分の同時接続が出来る、センタ拠点向けの大容量光IP電話サービスです。
*2:テレビ会議多地点接続サービス
 テレビ会議を複数拠点同時に接続するために必要な多地点接続装置(MCU)の機能を、安価かつ運用サポート付きで提供するNTTビズリンクのサービスです。
*3:Crossway(クロスウェイ)
NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」を利用した「ひかり電話(ひかり電話A、オフィスタイプ、オフィスタイプA、ひかり電話ナンバーゲートを含む)」に対応した、IP電話ゲートウェイ装置です。NGNの特長である、高音質電話、テレビ電話、帯域確保型データ通信サービス「データコネクト」を利用することができます*
また、NGNに対応していない端末やPBX等をNGNに接続することができます。
* 高音質電話、テレビ電話、データコネクトをご利用になるには、お申し込みと対応機器などが必要です。

「Croswway(クロスウェイ)」の製品詳細のご案内、資料請求はこちらをご参照ください。


NTTビズリンク株式会社 概要

NTTビズリンク株式会社は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社と東日本電信電話株式会社の共同出資会社です。NTTビズリンクは、データセンタサービス事業、テレビ会議サービス事業を主な事業領域とするICTソリューションカンパニーです。NTTビズリンクの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
(http://www.nttbiz.com/)
【お問い合わせ先】
NTTビズリンク株式会社
ヴィジュアル・コミュニケーション事業部
営業企画担当:坂本/亀川
TEL :03-6381-2810 
E-mail:info@vcd.nttbiz.com


NTTソフトウェア株式会社 概要

NTTソフトウェアは、高度なネットワーキングテクノロジーとシステム構築力を基盤にICT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守・運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。「NTT SOFT e-Value Creation」をコーポレートスローガンに掲げ、お客様の経営課題解決や要望に確実にお応えするため、付加価値の高い最適なソリューションをお客様とともに創り出し、提供しています。
(https://www.ntts.co.jp/)
*「ひかり電話ナンバーゲート」はNTT東日本およびNTT西日本が出願中の商標です。
* 文中の社名、商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。