2010年07月14日

NTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア 本社:東京都港区、代表取締役社長:伊土 誠一)は、企業向けのメール誤送信防止ソリューション「CipherCraft/Mail (サイファークラフト メール)」のサーバタイプにおいて、(1)スマートフォンでのメール誤送信防止に対応するとともに、(2)メールの宛先情報を注意喚起するアシスト機能を強化した新バージョンを2010年7月16日より販売開始いたします。

新機能の概要

1.スマートフォンでのメール誤送信防止対応
昨今、メールの誤送信による情報漏えい事故の割合は年々増加し、業種・業界問わず情報漏えい事故の主たる原因となっています。また、スマートフォンのビジネス利用が広がるとともに、メール誤送信の防止が望まれています。
CipherCraft/Mailでは、送信者自身が宛先・本文・添付ファイルを一度確認してからメールを送るメール誤送信防止機能を備えており、このメール誤送信防止機能をスマートフォンでも利用できるようにしました。これにより、外出先でスマートフォンからメール送信する際も、漏れなくメール誤送信防止対策することが可能になります。

< スマートフォン画面例 >
スマートフォン画面例


2.メールの宛先情報を注意喚起するアシスト機能
メール誤送信の原因として、メール送信の際に類似したメーリングリストや同姓者を取り違えたり、いつも送信している宛先を指定する際に確認作業がおろそかになることなどが挙げられます。今回の新アシスト機能ではこのような潜在的なミスの確認をより視覚的に分かりやすくしました。
具体的には、メール本文中の宛先情報(企業名、組織名、氏名)を形態素解析エンジン(*1)で抽出して、画面上で強調表示します。このようにメール本文と宛先メールアドレスとの照合を容易にするアシスト機能を提供することで、宛先誤りを抑止します。

< アシスト機能によるメール誤送信防止画面表示例 >
アシスト機能によるメール誤送信防止画面表示例
【用語解説】

*1:形態素解析エンジン
日本語を文法や単語辞書を用いて解析することにより、単語に分割するソフトウェアです。

売上目標

今後3年間で10億円の販売を目標といたします。

製品販売価格

サーバタイプを100ユーザでご利用の場合の標準価格は以下の通りです。
CipherCraft/Mail サーバタイプ(誤送信防止版)590,000円
※その他、詳細はお問い合わせください

製品ホームページ

「CipherCraft/Mail」の製品詳細のご案内、資料請求はこちらを参照願います。

「CipherCraft/Mail」について

「CipherCraft/Mail」は、2003年10月より、世界最高水準の暗号強度を誇る「Camellia(カメリア)」を搭載した暗号化製品として発売開始。2007年11月よりメール誤送信防止機能を強化し、約17万ライセンスの販売実績を有しております。また、3年連続国内シェアトップ*となっています。「CipherCraft/Mail」では、メール暗号化機能に加えて、利用者から要望の多い誤送信防止機能(特許申請中)を実現しています。約350社を超えるお客様への導入から得られた誤送信防止のノウハウを誤送信防止機能に取り入れてきました。
* 3年連続国内シェアトップ:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2010」2010年6月発刊による。


NTTソフトウェア株式会社|会社概要

NTTソフトウェアは、高度なネットワークテクノロジーとシステム構築力を基盤にICT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守・運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。「NTT SOFT e-Value Creation」をコーポレートスローガンに掲げ、お客さまの経営課題解決や要望に確実にお応えするため、付加価値の高い最適なソリューションをお客さまとともに創り出し、提供しています。
(http://www.ntts.co.jp/)