2010年11月16日

NTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア 本社:東京都港区港南、代表取締役社長:伊土 誠一)は、コンタクトセンター向けソフトウェア「CTBASE」シリーズのラインナップ拡充として、CTIシステム「CTBASE/Core」のASPサービス対応を2011年1月13日より提供開始します。
あわせて、詳細な待ち呼数や受付可能人数等の見える化を実現する「LED表示ボード」対応、および1台のサーバで500席までの利用が可能な「CTBASE/Core」の大規模化対応バージョンを2011年1月13日より販売開始します。

(1)ASPサービスの対応

近年、初期導入費用の削減、高い保守性、サーバールームの省スペース・省エネ化等を目的としたSaaS・ASPサービスが注目を浴びており、出来る限り多くのシステムをSaaS・ASPサービスで提供して欲しいという要望が高まっています。
このような要望に対応するため、NTTソフトウェアが持つコンタクトセンターソリューションのうち、中核となる「CTIシステム」のASPサービス対応を行います。
本ASPサービス対応により、豊富な実績(*2)をもつCTIシステム「CTBASE/Core」が提供するソフトフォン機能を、ASPサービスとして利用することが可能となります。
従来のASPサービスを利用した高品質で安定性・安全性の高いIPコンタクトセンターシステムに加え、オペレーター端末で電話機操作が行えるソフトフォンが利用できるため、ASPサービスでも効率的かつ応対品質の高いコンタクトセンターシステムを実現できます。

■ASPサービス利用によるメリット

(1)選べる利用形態!ASPでもソフトフォンが利用可能
本サービス対応により、要望に合わせた利用形態(自社構築型またはASP型)を選択できます。したがって、ASP型を選択した場合でも、別途自社サーバを用意することなく、ソフトフォン機能を利用することができます。
(2)初期導入費用削減や高い保守性、省スペース化を実現
ASPサービスの利用により、自社構築型では必要となる初期導入費用を大幅に削減することができます。また、運用上で必須となるサーバ機器の運用/保守をASP側で実施しますので、コンタクトセンターの運用管理者の作業負荷軽減および、専門家による高い保守性を実現します。

■システム構成図(ASPサービス型)
■システム構成図(ASPサービス型)

■提供価格
※ASPサービス提供価格については別途お問合せ下さい。

(2)「LED表示ボード」対応並びに大規模コンタクトセンター対応

「CTBASE」シリーズのラインナップ拡充として、以前から要望の高かった待ち呼の詳細情報を表示するCTBASE/SignalPro「LED表示ボード」対応、大規模コンタクトセンターでも最小限のサーバ台数でCTIシステムを構築できる「CTBASE/Core」の大規模化対応バージョンの販売を開始します。

■今回の機能追加によるメリット

(1)待ち呼情報がもっと見える!詳細な運営状況把握により顧客満足度向上を実現
待ち呼見える化システムのCTBASE/SignalPro「LED表示ボード」対応により、待ち呼数、受付可能人数等の詳細な運営状況の把握が可能となります。これにより、コンタクトセンター運営者やスーパーバイザーは、より適切な対策を講じることが可能となります。
(2)大規模コンタクトセンターのサーバ数を半減!サーバ1台で最大500席まで対応可能
ソフトフォン機能を提供するCTIシステム「CTBASE/Core」に関して、従来のサーバ1台あたり200席までの対応を500席までの大規模化に対応します。それにより、大規模コンタクトセンターにおけるサーバ台数を半分以下に抑えることが可能となります。

■CTBASE/SignalPro「LED表示ボード」製品イメージ図
■CTBASE/SignalPro「LED表示ボード」製品イメージ図
■提供価格
CTBASE/Core(大規模対応機能を含むライセンス価格)

製品名定価備考
サーバライセンス 70万円
クライアントライセンス 5万円 25クライアントからの販売となります。

※ソフトフォン開発費用、インストール作業等は含まれておりません。
CTBASE/SignalPro(LED表示ボードライセンス)

製品名定価備考
LED表示ボード基本ライセンス 98万円 LED表示ボードハードウェアは別途御見積いたします。
LED表示ボード1追加ライセンス 15万円

※インストール作業等は含まれておりません。

イベント

「LED表示ボード」については、下記のイベントにて実機を展示しておりますのでご覧頂けます。
「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2010」
(11月18日、19日 池袋サンシャインにて)
 イベントURL:http://www.ntts.co.jp/event/2010/101118.html

売上目標

今後3年間で、3,000席の売上を目指します。

製品ホームページ

「CTBASE(シーティーベース)」の製品詳細のご案内、資料請求はこちらを参照願います。


【用語解説】

*1:待ち呼
受付可能状態のオペレーターがいない時に、次の電話がかかってくると呼がキューイングに溜まります。この状態の呼のことを"待ち呼"と呼びます。
*2:「豊富な実績」
CTBASEは販売クライアントライセンス数6,000以上の豊富な実績があります。

NTTソフトウェア株式会社概要

NTTソフトウェアは、高度なネットワークテクノロジーとシステム構築力を基盤にIT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守、運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。パッケージ製品にシステムインテグレーションを組み合わせる「パッケージ型SI」と、顧客独自のシステムをすべて構築する「スクラッチ開発型SI」を、顧客のニーズに合わせて最適にソリューション提供するとともに、標準的な機能を抽出して独自ソリューションへも展開しています。
(http://www.ntts.co.jp/)